書籍「尊ぶべきは、小さな社会と細やかな心」を出版しました!

書籍名は、「『尊ぶべきは、小さな社会と細やかな心』~Small is Beautiful ~今、小さな、細やかな、社会・組織への回帰が叫ばれている!」( Book Trip Japan)です。 オンデマンドで、定価:本体1,300円(税別)、174頁です。

書籍は、アマゾン:https://amzn.to/2PtlpUZ、 楽天ブックス(三省堂):https://bit.ly/2zUqUl1 Honto:https://bit.ly/2PZ7ZiN  にて発売されています。
==========
本書は、「“経済成長”が全てではなく、皆が支え合う社会、助け合う社会、“物”でなく“精神的なもの”を大切にする社会」の実現に願いを込めて書いたものです。本書の概要は、「アマゾン」サイトにて、“なか見検索”で知ることができます。
==========
この本を書くヒントとなったのは、『スモール・イズ ・ビューティフル(Small is Beautiful)』という“シューマッハー”という文明論者が1973年に出版した書籍です。そこで述べられているのは、高度に発展した先進国の工業文明がもたらす、経済至上主義や何の反省もなく巨大化する技術を批判し、もっと人間の身の丈に合った経済活動をすべきだということです。この本は書かれてから40年ほど経っていますが、いまだ新鮮に感じられます。そこでこの本の現代版的なものを書いて見たいと思ったわけです。

読者の皆さん、特に若い皆さんに、自分の考えをしっかりと持って、“小さなもの、細やかなもの、弱いもの"に対する認識を深めて頂きたいという気持ちを込めて書きました。

下記は、アマゾンサイトで紹介されている本の内容の更なる内容です。
===========
 本書を書く動機となったのは、経済成長が全てだということが現在普遍的に信じられ、それがあまり疑問を持たれることなく、西欧技術文明がもたらした技術の発展に盲目的に従い、富を求めて走り続ける世界や日本の状況に違和感をもったことです。短期的な利益を追求する国家の政策の下、社会の歪み、すなわち社会的不平等や経済的不平等、不正義などがさほど改善されず、富の追求には熱心ですが、他者への敬意と思いやりが十分には醸成されていないようです。

 そこで、経済成長が全てではなく、それとは別の道があってもいいのではないかと思ったわけです。その別の道というのが“小さなもの、細やかなもの"をもっと大切にする道です。経済成長をやみくもに追い求めるのではなく、経済成長はほどほどにして、物ではなく精神的なものを求めることに重点を移していく生き方です。このことをご理解頂くために、国家、地域・市町村、組織・集団・個人などの、社会的・組織的な側面に焦点を当てて、それぞれの領域で、具体的に例を挙げて説明させて頂きました。

 ところで私は、2016年5月に『伝えたい細やかな日本のモノづくりの心 ~日本独特の風土・歴史・文化の中で醸成された誇るべきモノづくり文化~』(ギャラクシーブックス)を出版しました。この本は、日本の“細やかなモノづくりの心"を追求してみたいという気持ちから書こうと思い立ったもので、私自身の“小さなもの、細やかなもの"についての強い共感が源となっています。それで、この“小さなもの、細やかなもの"への共感を、“モノづくり"にとどまらず、更に、社会的、組織的な側面にも拡張して書いてみようと思い立ったわけです。

 この本を書くヒントとなったのは、佐伯啓思氏の「異論のススメ ~スモール・イズ・ビューティフル 今こそ問われる成長の『質』~」(朝日新聞)という記事です。この記事を読んでこれこそ私が感じていることと同じだと思いました。『スモール・イズ ・ビューティフル(Small is Beautiful)』はシューマッハーという文明論者が1973年に出版したもので、そこで述べられているのは、高度に発展した先進国の工業文明がもたらす、経済至上主義や何の反省もなく巨大化する技術を批判し、もっと人間の身の丈に合った経済活動をすべきだということです。この本は書かれてから40年ほど経っていますが、いまだ新鮮に感じられます。

 そこで、この本の現代版的なものを書いてみたいという衝動に駆られたわけです。読者の皆さん、特に若い皆さんには、この本を読んで是非“小さなもの、細やかなもの、弱いもの"に対する認識を深めて頂き、グローバル化が進むこの世界で、経済至上主義や何の反省もなく巨大化する技術を前にしても、冷静に判断し、人間の身の丈に合った経済活動を始めとする諸活動を進めていくことに少しでも共感して頂くことを希望します。

#女性活躍 #経済成長 #多様性 #小さな社会 #里山資本主義 #small is beautiful  #持続可能な社会 #地域活性 #助け合う社会

51934370_2064663353649217_18770479956654_2

Img_20181018_0002

Img_6912

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

"Encounters with Kyoto (京都との出逢い) という会合: "writers in Kyoto" 主催:に参加しました。

6月22日(土)、京都駅の直ぐ近くの梅小路公園の中にある“緑の館”で、“Enco...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

香港の「民主の女神」周庭(アグネス・チョウ)さんの日本人への訴え

香港の「民主の女神」と称えられた周庭(アグネス・チョウ)さんが、 中国共産党...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

ひらめき(思いつき) について

何かを考えているような時、直ぐにでもその答が欲しいと思うが、なかなかその答が出て...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

中国共産党独裁政権が香港民主化へ干渉。香港市民が危機感。大規模なデモ!!

中国共産党独裁政権が香港民主化へ干渉。香港市民が危機感。大規模なデモ Hong...

» 続きを読む

| | コメント (0)

メルケル首相のハーバード大学での演説に学生から絶賛の拍手。

メルケル首相のハーバード大学での演説に学生から絶賛の拍手。トランプ、アメリカ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

Hillary Clinton gives inspiring commencement speech at Hunter Collegge.

Hillary Clinton gives inspiring commence...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

中国の民主化

豊かになれば民主化が進むだろうと思われた中国だが、全くそんな気配はない。否むしろ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

『百万本のバラ』の原曲『マーラが与えた人生』~小国ラトビアの悲劇の歴史を歌う~ を聴いて

『百万本のバラ』は加藤登紀子さんの代表曲として知られている曲だ。先日バルト三...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

母校・大阪府立今宮高等学校を訪ねました。高校第13期・八木芳昭。

5月13日、母校・大阪府立今宮高等学校を訪ねました。私は高校第13期(1961年...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

近藤亨さん ~農学者で、ネパールの農業指導に半生を捧げた人~

個人の業績を称えるものとして、例えば国民栄誉賞などの授賞がしばしば話題に上ってい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«平成から令和へ:ファシズムを牽制することに大きな役目を担われた上皇・上皇后陛下