« プロ野球を観ていて思うこと | トップページ | 企業の社会的責任(CSR) »

2007年9月 2日 (日)

世界陸上を観て

◆世界陸上が、大阪長居競技場で行われているが、毎日テレビで観ている。
今日、女子マラソンで土佐選手が3位に入った様子を観ていたが、本当に感動した。40KM付近で一時、5位に下がったが、苦痛を克服しそこから挽回して、中国選手やケニアの選手をかわして、3位に入ったことには頭が下がる。
本当に最後の場面は我を忘れてテレビ画面に釘付けとなった。こういうのが自分の中にある愛国心だと思う。

◆男子400Mリレーでも同じように感動した。4位でメダルを逃したが、1位との差は僅差であった。
また、今回、女子5000M、10000Mで活躍した福士選手は入賞こそしなかったが、10000Mにおいては、靴が脱げても、諦めずに完走し、明るい笑顔を振りまいていた姿には元気をもらった。
20070902

写真は
Yahoo News
より 
(中央が土佐選手)

|

« プロ野球を観ていて思うこと | トップページ | 企業の社会的責任(CSR) »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上を観て:

« プロ野球を観ていて思うこと | トップページ | 企業の社会的責任(CSR) »