« 検査の基本--中国産冷凍ギョウザ中毒事件に思う | トップページ | NLP的なコーチング »

2008年2月 6日 (水)

検査の基本(2)--中国産冷凍ギョウザ事件に思う

前回、中国産冷凍ギョウザ中毒事件について触れ、検査は受注者側と納入者との信頼関係に基づいて、厳しくするか、少し緩和するかが決められるべきだと述べた。

私は、このような事件をきっかけとして中国と日本の友好関係が損なわれはしないかと危惧するものである。 ネットでは一部に中傷合戦が行われているというが、お互い感情的になるのではなく忌憚なく意見を交換してこの問題を解決して欲しいと思う。

その後の調査を総合すると、梱包あるいは流通過程で有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が混入したと報じられている。これがどこで混入したか(中国か日本か)が今後の調査の焦点だという。

これに関連して、思い浮かぶのは中国の食品会社で最近、労働争議が起こっていたという事実である。会社の姿勢に不満をもった人が意図的に事件を惹き起こしたと一部には報じられているが、信じたくないが、しかし考えられうることだ。

従業員満足を経営方針に掲げ、従業員を大切にしている企業では、まず、このようなことは考えられない。従業員の人間性を軽視した(過重労働、低賃金など)経営を続けているといつかは綻びが出る。

従って、検査は何も製品ばかりでなく、製品を作っている人達が良好な職場環境で働いているかどうかもチェックし、もしもそうでなければ改善を求めることを忘れてはならないのだ。

日清食品がJTとの冷凍食品事業の提携話を破棄したということだ。JT側の品質に対する考え方に不信感を持ったためらしい。

これから思い出されるのは、JR西日本の福知山線鉄道事故だ。同じような半官営企業が抱える現場を知らない経営陣の存在が見えてくる。

参考:これはJR西日本の鉄道事故に対する私の過去のコメントです。

|

« 検査の基本--中国産冷凍ギョウザ中毒事件に思う | トップページ | NLP的なコーチング »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査の基本(2)--中国産冷凍ギョウザ事件に思う:

« 検査の基本--中国産冷凍ギョウザ中毒事件に思う | トップページ | NLP的なコーチング »