« 名ばかり管理職--問われる企業倫理 | トップページ | 紀行(鳥取県境港界隈) »

2008年2月13日 (水)

画家 「井上晴雄さん」の個展

絵画についての鑑賞眼を持たない私であるが、先日、井上晴雄さんという若き画家「素朴な日本の旅風景」という主題で個展を開催されていたのを見る機会があったので、拝見させて頂き、その素晴らしさに魅了させられた。

(個展は大阪市、地下鉄今里駅近く、㈱かね善1Fギャラリーで、2/12-2/13の間、開催されている。
  私は時々この近くの大阪商工会議所支部に仕事に来るので、個展を見る機会に恵まれた)
うことだ。

井上さんは若干30歳、水彩画家として活躍され、2008年版 美術年鑑に掲載されている画家である。旅行添乗員及びライターとしての経験もお持ちである。

彼のホームページに自己紹介文があるので、下手に紹介するより、それを読んで頂く方がよいので引用させて頂く。

「私は、“日本の旅風景”をテーマにした絵画を主に制作しています。瀬戸内海の夕暮れ、古い列車の風景ほか、旅先で出会った景観には、光や色彩に溢れる美しさと、歴史が散りばめられています。現代の日本人が失おうとしている自然の豊かさや、心の豊かさを表現していければと思います。今後とも、応援よろしくお願いします」

彼のホームページを見て、その絵の素晴らしさは分かっていたが、実際の絵を見て
更に感動した。

今まで見た水彩画というイメージとは異なり、大変微細で、まるで写真を見るような感じなのだ。また、大型の絵もあり、油絵のような感じもするが、実は水彩画なのである。

また、書き添えられた絵の説明文が文学的な香りを帯びており、これもまた素晴らしい。さすがライターとしても活躍されてきた片鱗が窺える。

ホームページに沢山の彼の作品があるのでご覧頂きたい。



下記は、個展当日、私が撮影した写真である。

Simg_1442

井上さん(中央)

左側はお母さん

右側は
お知り合いの方

Simg_1443

作品
「宍道湖の夕暮れ」

|

« 名ばかり管理職--問われる企業倫理 | トップページ | 紀行(鳥取県境港界隈) »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 画家 「井上晴雄さん」の個展:

« 名ばかり管理職--問われる企業倫理 | トップページ | 紀行(鳥取県境港界隈) »