« 北京オリンピックを観て | トップページ | 日本柔道の伝統を守った石井・塚田 »

2008年8月15日 (金)

バドミントン:末綱・前田組と小椋・潮田組の健闘

バドミントンの試合は今まで殆ど観たことがなかったが、今回、北京オリンピックでじっくり観て楽しんだ。

女子ダブルスにおけるスエマエこと「末綱・前田組」とオグシオこと「小椋・潮田組」が健闘した試合だ。

・「末綱・前田組」は世界ランク8位、世界ランク1位の中国ペアを破り、日本勢で史上初の準決勝進出を果たした。準決勝では一方の韓国選手のマナーの悪さに引きずられたこともあってか敗戦を余儀なくされたが善戦し、3位決定戦でも世界ランク2位の中国に善戦した。結果は、日本女子バトミントン史上最高の4位だった。

何よりもチームワークが抜群だった。お互いいたわり合い、元気づけ合っていた。準決勝進出決定後、嬉しさのあまり床にうずくまり泣き伏していた姿は感動的だった。屈強で無表情な中国選手とは対照的に女性的な優美さを感じた。

オグシオ人気の陰に隠れて目立たなかったが、それにめげず今日の結果に至ったことに対して敬意を表したい。マスコミは選手を平等に扱うべきだと思った。

試合後、末綱は引退を表明し後輩の指導に当たるという。このペアが脚光を浴びたのは短い期間であったが私にとっては強烈な印象を受けたペアであった。

・一方、「小椋・潮田組」もマスコミが作り上げた人気ペアではあったが、さすがにそれだけのことはあった。

準々決勝で、男性的で明らかに体格に優る中国選手を相手に、チームワーク良く、善戦とはいわないが全力を尽くした姿は美しく感じられた。技術ではなく体力負けしたような試合だったのは気の毒であった。

何よりもオグシオ人気に驕れることなく、謙虚さ、平凡さを貫き通した姿は立派であった。

 by yagiyoshiakihttp://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/
   
 

2_m7086149

 

末綱・前田組

2oth0808112324031n1_2

小椋・潮田組

|

« 北京オリンピックを観て | トップページ | 日本柔道の伝統を守った石井・塚田 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バドミントン:末綱・前田組と小椋・潮田組の健闘:

» スエマエ [まおの日記]
スエマエ無念…決勝進出ならず デイリースポーツまだ「銅」がある。女子ダブルスの世... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 16時56分

« 北京オリンピックを観て | トップページ | 日本柔道の伝統を守った石井・塚田 »