« 山田製作所・・大阪・大東市にある小さな大会社 | トップページ | 竹田城跡・天空の城 日本のマチュ・ピチュ  »

2008年9月28日 (日)

自ら創り上げたユニークな経営スタイルのスーパー

人口わずか3万人の地方都市・鹿児島市阿久根市「A-Zあくね」というユニークなスーパーがある。生鮮食品から日用雑貨、更には自動車販売(軽自動車の新車と
新古車に限られているが)、車検まで取扱い、取扱い品目は35万点以上と、生活必需品フルラインの品揃えで、3,500坪の売り場面積を持つ、低価格、24時間営業の店だ。日本初のスーパーセンター業態のこの店には年間650万人の買い物客が訪れる。

過疎の傾向にあるこの地で成功した大型スーパーとして、時々メディアで採りあげられているが、私も先日、TVのカンブリア宮殿で知った。

社長の牧尾氏がこの地での生活者として、田舎のスーパーは品数が少ない上、意外と価格が高いということを感じ、困っている消費者に協力したい、もっと地元を活性化したい、との想いを込め、地域の生活者に貢献することを第一、利益は第二として、1977年に立ち上げたスーパーである。今では売上100億円を超えるまで成長した。

A-Zあくねの特徴的な点を次に記す。
・3万人程度の小商圏の消費者を相手に商売を行っている。大きな商圏を対象とすれば、いずれは大手が進出し顧客を奪われるからだ。

・先に記したように、品目が多岐に亘っており、この店に来れば欲しいものが何でも揃うという消費者の期待に応えている。そのため品目の中には、月に1個とか年に1個しか売れないもの、例えば、特殊な草履とか、巨大な鍋とかも含む。

一般的に量販店は、坪当たりの売上を上げるために売れ筋商品を絞り込み、商品の回転率を高めるために効率性を考慮するが、A-Zではこの常識を覆し、これの逆を行く。

・これを支えるのが徹底したローコスト・オペレーションだ。阿久根は地価が安いが、それに加えて、建物は簡素にし、ランニングコストも可能な限り抑制する仕組みを構築している。A-Zでは購買担当者がいない。売り場担当者が商品を仕入れて自分で陳列する。また、毎日がロープライスだからチラシも必要ない。

・売上や利益は後からついてくるということで、お客さん第一、利益第二主義である。

・送迎バスサービスがあり、電話予約すれば高齢者や移動手段を持たない人も来店することが可能である。

・60歳以上や身体障害者には5%のディスカウントがある。
・夜9時から翌朝7時までの売上が3割を占める。

そもそもこの店は、自動車会社で設計という現在の小売業とは縁の遠い仕事をしていた牧尾氏が弟さんの事業を引き継いだものだというから驚きだ。

当初、売り場面積300坪程度のホームセンターを経営していたが、赤字を余儀なくされる。周囲やコンサルタントから、売り場を小さくして再起を期しては、とアドバイスされたが、牧尾氏は逆に売り場を増やして、現在の3,500坪に拡張し、それを24時間で営業しようと決め、功を奏した。このような小さな商圏で3,500坪という大規模な店でやれるというシミュレーションは行ってのことである。

最後に、特筆すべきは、牧尾社長は、社員の給与は必ず一人ひとり手渡し、その時何らかの対話を行っていることである。これにより、社員とのコミュニケーションを図るよう努力しているということである。優れた経営者は従業員のことをよく考えているという点では世の中の常識と一致する。

右記の情報を一部参考にさせて頂いた→元気印企業の経営戦略に学ぶ

by yagiyoshiakihttp://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/
   
 

|

« 山田製作所・・大阪・大東市にある小さな大会社 | トップページ | 竹田城跡・天空の城 日本のマチュ・ピチュ  »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

阿久根は我が家から車で1時間半ほどで行くので、今度見てきますね。九州新幹線にも通過されてますます過疎になっている小都市のユニークなスーパー、見物です(同じ街に東シナ海を一望する海鮮レストランもあって、やはり安さとおいしさで持っていてずっと存続してます)。

投稿: サチ | 2008年9月29日 (月) 09時15分

サチさん

そんなにお近くなのですか?
是非、見物に行って来てください。サチさんはいつも写真を撮られているので、できれば店の特徴的な写真を写して
頂ければ嬉しく思います。
                 やぎ

投稿: やぎ | 2008年9月29日 (月) 09時53分

この会社はマスメディア対策がうまいのでこのように報道されていますが、実態はかけ離れています。
美談を作り出すのが実に上手です。
近い将来に消えてなくなる企業のひとつかも知れません。

投稿: | 2008年11月 4日 (火) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自ら創り上げたユニークな経営スタイルのスーパー:

« 山田製作所・・大阪・大東市にある小さな大会社 | トップページ | 竹田城跡・天空の城 日本のマチュ・ピチュ  »