« 某企業の経営改善 | トップページ | メッキ業界におけるユニークな会社「エビナ電化工業」 »

2009年9月 6日 (日)

旅を通じての友人

以前は団体旅行に参加すると、まず自己紹介から始まるので、お互いの名前やどこに住んで、どんなことをしている人かがわかり、気心が知れた人と容易に親しくなれる機会が自然とできた。

しかし、近年は個人情報保護法というものができたため、旅行社の方で参加者の名簿を作ってあっても、参加者には配付しない。従って団体旅行とはいっても、お互いの名前を名乗らない限り、知人の関係にはならない。寂しい限りだ。単に同じ交通手段を使い、ガイドさんの後についていく集団で、そこには同じ旅行を楽しんでいる者とは違う雰囲気がある。

個人情報保護法にも良い面と悪い面がある。名簿などを無統制に発行しないことは個人のプライバシーの侵害を防ぐことにはなるが、反面、自由な人間関係の成立を阻害することにもつながる。ビジネスにおいてもプライバシーマークといった法律がもう何年も前からできていて、その取得のために企業は大層多くの時間を費やしているが、顧客情報の漏洩を防止するといったような良い面がある反面、法を守るための業務ルールを新たに決めるなど、無駄な業務が発生することで、企業の生産性を悪化させている。この種の法律の行き過ぎた実施には私は反対だ。

ところで、このような最近の旅ではあるが、何日か旅を一緒にしていると、自然と親しくなる人が出てくるものだ。そのような時は、我々夫婦は努めて、名前を名乗り、お互い関心のあることについて気楽に話をするようにしている。

そのお蔭で、今年、旅行で知り合った幾組かのご夫婦の方と情報交換をさせてもらっている。先日も突然、今年始め、ご一緒した堺市のご夫婦の訪問を受け、楽しい思い出話に耽った。

by 八木: http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

|

« 某企業の経営改善 | トップページ | メッキ業界におけるユニークな会社「エビナ電化工業」 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅を通じての友人:

« 某企業の経営改善 | トップページ | メッキ業界におけるユニークな会社「エビナ電化工業」 »