« 鮮魚の達人 | トップページ | 人間的な絆のある社会を »

2009年12月23日 (水)

ドバイのその後

今年の7月、ミラノへ向う途中、トランジットでドバイ空港に降り立った時、その豪華さに驚いた。関西空港は言うまでもなく、他国の空港とは桁外れの豪華さ。24時間眠ることなく営業を続ける1KMも延々と続く免税店の群れ。それらは貴金属店やブランド品で溢れていた。幾ら石油で潤っているにしても明らかにこの国は“人の道”を外れたことをしていると感じた。

Simg_3458_2 

ドバイはこの時は昨年末に起ったリーマンショックの影響を少なからず受けていたが、決定的な打撃を受けていなかったようだ。それでも世界最高の地上800Mの高層ビルの建設工事や、巨大なヤシの木の形をした人工島の建設工事が中断していたようであり、「AERA」の記事は、工事現場には資材や建機が置き去りになっている、と報じている。

世界の大金持ちが贅沢な暮らしを享受するのに供されるこれらの箱物構築物は、ドバイ政府に支援された不動産ディベロッパーによって開発が進められてきた。そしてこれらに対して欧州や日本の銀行が巨額の融資を行っている。

ドバイ政府は11月25日、これらの不動産ディベロッパーの債務返済猶予を一方的に宣言し、債権者である金融機関に通告した。これにより世界経済は大混乱に陥り、巨額の不良債権の発生を予感し、欧州銀行株は売られ、それが世界の株式市場や為替相場に「ドバイショック」として伝わった。これらの不動産ディベロッパーに高額な報酬で雇われていたオーストラリア人などの経営層は借金を踏み倒して帰国。ベンツなど、彼等の高級車が空港近くに乗り捨てられていたと言われている。

今後、ドバイはどのようになるのだろう。石油がなくなれば、いずれこれらの箱物は砂上の楼閣として消え去ることが明らかなのに、なぜもっと地道に人を育成したり、ものづくりなどの着実な道を採用しないのだろうか、と思うこの頃である。

by 八木: http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

|

« 鮮魚の達人 | トップページ | 人間的な絆のある社会を »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/47097656

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイのその後:

« 鮮魚の達人 | トップページ | 人間的な絆のある社会を »