« 尾崎将司さんの世界ゴルフ殿堂入り | トップページ | チリ落盤事故から窺えるもの »

2010年10月13日 (水)

To Chilean Government and Chilean People

To Chilean Government and Chilean People

I was very delighted to read in the world news that you have sucessfully achived the resque of 33 persons who were suffered from mine accident.

Please accept my heartiest congratulations on your success.

Yours sincerely,

The Japanese "Kyodo News"(共同通信) reports  as follows:

    【サンホセ鉱山(チリ)時事】チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山に閉じ込められた作業員33人の救出活動は、13日午前(日本時間同日午後)も続き、これまでに11人が地底から生還した。事故発生から69日ぶりの再会を待ちわびた家族らの間では、作業員が引き上げられるたびに歓声がわいた。鉱山事故で人がこれだけ長期にわたって地下に閉じ込められ、生還したのは異例。

 最初の「奇跡の生還」となったフロレンシオ・アバロスさん(31)が特殊カプセルで引き上げられたのは同日午前0時(同正午)すぎ。現場で出迎えたピニェラ大統領は「人類史上、比肩するものがない」と述べて、空前の救出作戦をたたえた。

 続いて救出されたマリオ・セプルベダさん(39)は「驚くほど運が良かった。神と悪魔の両方がいたが、わたしを引っ張ってくれたのは神だった」と幸運をかみしめた。朝方、9番目に助け出された最年長のマリオ・ゴメスさん(63)は家族とみられる女性と抱き合った後、ひざまずいて神に感謝の祈りをささげた。

 救出には、作業員をカプセルに乗せ、地下から地上に引き上げるのに必要な約15分間を含め、1人当たりの一連の作業に約1時間かかる計算。作業が順調に進めば、14日午前(同日夜)にも全員が地上に上がる見通しだ。

R

by 八木: http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

 

|

« 尾崎将司さんの世界ゴルフ殿堂入り | トップページ | チリ落盤事故から窺えるもの »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: To Chilean Government and Chilean People:

« 尾崎将司さんの世界ゴルフ殿堂入り | トップページ | チリ落盤事故から窺えるもの »