« 箕面の紅葉を楽しむ | トップページ | ツイッターセミナー »

2010年11月24日 (水)

尼崎市に2代連続で「市民派」女性市長誕生

兵庫県尼崎市長選で、前県議員の稲村和美さん(38)が当選した。現職の白井文市長の路線を引き継いで「市民派」をアピールし、政党の推薦を一切受けずのことである。それも圧倒的な大差をつけての勝利であった。2代連続での女性首長は全国初。女性市長としては最年少での就任であるらしい。(写真は、白井現市長と当選を喜ぶあう稲村新市長)

Osk201011210167_2 稲村さんは、大学生の時に、阪神大震災に遭いボランティア活動に参加。その活動を通じて、市民とか自治という言葉に目覚め、政治の道に入ったという。そして就職した証券会社を辞め、白井文・現市長の選挙スタッフになり、自らも2003年に兵庫県議に当選した。

当選後、稲村さんは「市民のみなさんの声を聞き、皆で進める市政をしたい」 また「子育てと市長を両立させたい。5歳の娘を朝、保育所に送り届けてから登庁したい」と述べている。

ところで、国政レベルでは、政党の推薦を受けた多くの政治に経験のない有名人(男女とも)が国会議員として当選しているが、その政治的手腕は定かでないし、本当に国民のために働いてくれるか疑問である。

そのような中、今回の稲村さんのように地方政治に関わり、多くの苦労と経験をされ、政党の推薦を全く受けず、“実力”で当選されたことの意義は大きい。尼崎市民もいい人を選んだものだ。

by 八木経営システム研究所 http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

|

« 箕面の紅葉を楽しむ | トップページ | ツイッターセミナー »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

私は 1970年2月生まれで 現在 失業中で 求職中です。

人気のありそうな イケメン31歳男性元市議も 出馬していたので 心配でしたが 稲村さんが ご当選で 嬉しいです。

稲村さんは 2位の人に ダブルスコア以上の差で ご当選ですね。
電卓で 計算したら 3人の合計得票より 稲村さん1人の得票のほうが 多かったです。

稲村和美さんには 格差是正 雇用拡大に 期待したいです。

投稿: ふくろう | 2010年11月25日 (木) 23時53分

ふくろうさん、コメントありがとうございます。
仕事が早く見つかればいいですね。

投稿: やぎ | 2010年11月26日 (金) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/50123812

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎市に2代連続で「市民派」女性市長誕生:

» 稲村和美 学歴 [アンティーク☆彡]
稲村・尼崎市長:「市民に尽くす」 公務スタートに決意 /兵庫 17 尼崎市の稲村和美市長(38)が13日初登庁し、公務のスタートを切った。女性としては ... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 06時58分

« 箕面の紅葉を楽しむ | トップページ | ツイッターセミナー »