« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

米紙 東電社長を「雲隠れ」と批判

東京電力における社会的責任について少し前のブログで書きましたが、今回遂に米紙からもその点を指摘されました。諸外国から我が国のことをとやかく言われたくないのですが、東電社長はどのように考えているのでしようか。

福島原子力発電所で生死をかけて奮戦しておられる東電社員や多数の関係協力会社社員の方々及びそのご家族のことを思うと、無念でなりません。

下記は共同通信が伝える米紙の記事の内容です。
=======================

東電社長「雲隠れ」と米紙批判

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会議員は被災地の地方行政の手伝いを!

今回の東北関東大震災における被災地では、町や村の職員の方々まで津波で命を落とされたり、行方不明になるなどして、行政機能が麻痺している。

そのために、救助や避難、復興業務などが進まないところがある。国会議員の中には既に、現地に入って様々な救援活動をされている人もおられるであろう。

このような時、国会議員は、特に岩手、宮城、福島などの被災地出身の議員は率先して、被災地の行政の手伝いをすべきではないのか。

国会においては無駄な議論はできるだけやめて効率的な議論を行い、空いた時間で被災地の行政機構の手伝いに回るべきである。但し自分は国会議員だと言って偉そうな態度をとり、地元の役所の人を命令するような人は要らない。自らが行動する人が求められる。

政府の対応を批判ばかりしていないで、自らが行動すべきである。政府の対応が遅いと報道しているメディアもあるが、このような大震災に対しては、どの政権党であっても万全な体制で、満足のいく対応がとれるものではない。挙国一致体制で対応するという話も当初だけで、実現されていないのは残念である。

今回の足かせとなっているのは福島原発事故である。自民党も公明党もこれらの原子力発電所建設を推進してきた立場にある。現政権にだけ責任を押し付けることはできない。自らの責任も認識して、現政権と一緒に真摯に対処すべきである。

by 八木経営システム研究所
http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

東京電力における社会的責任

東京電力の社員及び関係会社の社員の方々が福島原子力発電所において命がけの復旧作業に従事されていることに関して、本当に感謝の気持ちで一杯です。国民の安全を死守するために日夜、奮戦されているお姿を思い浮かべると尊敬の念に駆られます。

これとは対照的に顔を見せぬ東京電力の社長は、一体どこで何をしているのでしようか。国の安全がかかっているこの重大な局面では、自らがリーダーシップをとって現場で、事態の収拾にあたるべきです。また世間に対して断固として事故を収束させますというメッセージを出す必要もあります。

それなのに会見は副社長以下の部下に任せ、自分は何もしなく、顔を見せない。何もしないなら、直ちに社長を交代すべきではないでしようか?

地震と津波の被害を受けた初期の段階で、原子炉を廃棄する覚悟で海水を早く注入しておけばこんな深刻な事態になっていなかったことを思うと、経営的なこの判断を渋った態度を非常に遺憾に思います。自社の安泰だけを考え、日本国民の安全を第一に考えなかったこの態度は許せません。

このような東京電力のぬるま湯な社内環境の中で育ったいい加減な企業体質は、工事管理の不足による被ばく事故をも引き起こしました。事故は被ばくされた方々の責任ではありません。社長を頂点とする経営陣の杜撰な企業体質によってもたらされたものです。

枝野官房長官は東京電力の福島原発事故の免責に関して、経緯と社会状況から見てあり得ないと言明されたことは当然のことです。東京電力は、自然災害でなく、自らの不手際で招いた人災の責任を負うべきです。

また、この度の東京電力の対応が、我が国が誇る優れたものづくりの信用をも低下させることに繋がらないか心配です。

東京電力の社長以下、経営陣の猛省を望むものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

大震災に立ち向かう日本を称える海外からの記事(共同通信社)

今回の東北・関東大震災に立ち向かう我が国民の冷静で秩序ある行動を世界は称えてくれています。

阪神淡路大震災の時もそうであったが、昭和20年の終戦後、絶望的な廃墟の中から奇跡的な復興をなし遂げた我が国の不死身の精神は不滅である。全国民がこの際、無用な争いをやめて、一致団結して忍耐強く復興に向けて努力したいものだ。

共同通信社の記事は下記の通りです。
==================
怒号もけんかもない 「強い国」と越メディア 
2011.3.13 22:29

 「怒鳴り合いもけんかもない」「本当に強い国だけがこうした対応ができる」。ベトナムのメディアは、東日本大震災での日本人の冷静な対応ぶりを、在日ベトナム人らが驚き称賛する声を伝えた。

 「防災訓練を受けていても怖いはずなのに、誰もパニックに陥る人はいない。自分の仕事に集中し、連絡を取り合っていた」。日本で働くある女性はインターネット新聞に「われわれが学ぶべき多くのことが分かった」と語った。

 ある留学生は、長い列をつくってバスや公衆電話を我慢強く待つ光景などを挙げ「皆が冷静に秩序だって行動していた」と称賛。別の留学生は、教師が子どもたちを誘導する姿など、行政当局者から民間人までの素早い対応ぶりに驚いたという。

 さらに「こうした強さゆえに、日本人は世界で最も厳しい条件の国土で生き抜き、米国に並ぶ経済レベルを達成できたのだ」とたたえる声も伝えられた。(共同)

=====================================
中国、日本人の冷静さを絶賛 「マナー世界一」の声も
2011.3.12 19:07

 地震多発国で東日本大震災への関心が高い中国では12日、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいる。短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。

 「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。

 この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで報じた。(共同)

=======================================
社会秩序、助け合いを称賛 復興に期待も、海外報道
2011.3.13 22:18

 海外では、東日本大震災の甚大な被害にもかかわらず、社会的秩序を保って互いに助け合う日本人の姿を称賛したり、日本の復興を願うメディア報道が相次いだ。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは12日付で「不屈の日本」と題する社説を掲載、「大自然からの打撃に遭っても生き延びるための備えを、日本人がどれほどきちんとしているか指摘せずにいられない」と防災システムや建物の耐震設計をたたえた。

 ロシア・タス通信のゴロブニン東京支局長は「日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする『人間の連帯』が今も存在している」と称賛。「ほかの国ならこうした状況下で簡単に起こり得る混乱や暴力、略奪などの報道がいまだに一件もない」などとした。

 13日付の英紙インディペンデント・オン・サンデーは1面トップで日の丸の赤い円の中に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と日本語で大見出し。「日本は津波の被害から立ち上がろうと闘っている」と報じた。(共同)

=======================================
「日本には人間の連帯が今も存在している」 タス通信東京支局長
2011.3.13 20:25

 ロシアの独立系紙ノーバヤ・ガゼータ(電子版)は13日までに、東日本大震災の甚大な被害にもかかわらず日本人が社会的秩序を失わず、互いに助け合う姿を「日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする『人間の連帯』が今も存在している」と称賛するゴロブニン・タス通信東京支局長の記事を掲載した。

 ゴロブニン支局長は、震災を「第2次大戦直後の困難にも匹敵する」大災害だとしつつ、「重要なのは、ほかの国ならこうした状況下で簡単に起こり得る混乱や暴力、略奪などの報道がいまだに一件もないことだ」と指摘。

 震災当日の11日、公共交通が止まってサラリーマンが帰宅の足を奪われた東京でも「人々は互いに助け合っていた。レストランや商店はペットボトル入りの飲料水を無料で提供し、トイレを開放した」と驚きをもって伝えた。(共同)

 by 八木経営システム研究所
   
http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

東北関東大震災・大手週刊誌は無用な批判記事の掲載をやめよう

東北関東大震災における津波や原子力発電所の事故による、我が国の危機的な状況は余談を許さないが、最新の報道によると原子力発電所事故の収拾には若干の希望も出てきたように思える。

このような時、政治家は党利党略をやめて、建設的な意見を発すべきである。また、新聞や雑誌、放送などのメディアも無用な批判や国民を煽る無用な記事の記載を差し控えるべきである。

特に遺憾に思うのは、この大震災に関する大手週刊誌の記事である。彼らにとっては、扇動的な記事は読者を惹きつけ、雑誌の売上を上げることに寄与することかも知れないが、同じ国民として、このように我が国が危機に晒されている時、幾ら言論の自由であるといっても、このような扇動的な記事を書き続けることは、まさに火事場泥棒に値するのではないかと考える。

正義を語ることは歓迎するが、根拠のない、事実に基づかない、人を扇動するような無用な記事の掲載はやめて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

東北関東大震災・挙国一致の救国体制を!

菅さん、枝野さんをはじめとして政府は、救援・復興に大変努力されているが、津波被害や原子力発電所の事故などの対応に難航している。

この我が国が経験したことのない前代未聞の事態に対応して、政治家は政争を休戦させ、小異を捨てて大同につくという大人の態度を示してもらいたい。

そして、この際、政府は自民党の谷垣さん、石破さん、小池さん、公明党の山口さん、などの経験豊富な人たちも内閣に取り込み、挙国一致の救国内閣を作り、事態の早期収拾に当たったらどうか。

また、原子力発電所の問題については、我が国だけで対応せず、良き意見はIAEAやアメリカなどの専門家からも取り入れるべきである。

このような非常事態において、お互いのやり方を批判することは禁物である。
====================================
しかしながら、福島原発の事故に対する東京電力の情報の開示の遅さや記者会見での要領を得ない発表(今の時点で現状はどうなっており、どのような心配があるかなどを分かりやすい言葉で話さない)を聴いていると憤りを感じる。

東京電力のトップ・経営陣は、このような原子力発電所の危機に対し、国民の生命の安全を死守するという使命感の下に、自らが現場の一線に立ち、自らが語り、自らが陣頭指揮をしなければならないのに・・・・・・これは、東京電力の現場で働いておられる東電社員や多くの東電・関係会社の社員の方々を非難することでは断じてありません。これらの方々の献身的な働きには感謝の気持ちで一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

関西広域連合による被災者救援策

関西広域連合(関西の7府県)は13日、東日本大震災への救援策を決めたという。素晴らしいことだ。これこそ日本人の持つ助け合いの精神であり、また、広域連合の有する大きな存在意義となろう。

負傷した被災者の各府県の医療機関での受け入れ、家を失った被災者への公営住宅提供、小学校などへの転入手続きの簡素化、高齢者施設の用意などである。

被災地に広域連合の事務所を開設し、被災者の希望を受け付ける。負傷者などの搬送方法は今後、検討を進めるとのこと。

救援物資などの支援は、福島県を京都府と滋賀県、岩手県を大阪府と和歌山県、宮城県を兵庫、徳島、鳥取県が担当する。物資が不足する場合は府県間で融通する。

広域連合に参加していない奈良、福井、三重各県や政令指定都市にも協力を呼びかけるということだ。

連合長である井戸知事は「阪神淡路大震災では多くの支援を受けた。痛みを共有する地域として、支援の質を上げる必要がある」と語っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

訂正お願い・被災地への電力供給のための節電

前回のメールで、関西電力からの依頼ということで節電依頼のメールを差し上げましたが、関西電力のホームページを見ると、次のようなことが記載され、関西電力からは、節電の依頼をしていないという意味の記載がありました。

併せて、「関西電力、関係会社社員名をかたる詐欺、窃盗や不審電話に注意」ということも記載されていますので、節電自体は良いことだと思いますが、この節電依頼のチェーンメールの出所が不明であることを念のためお伝えしておきます。

関西電力のホームペ―ジの内容→ http://www.kepco.co.jp/

○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

○当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社協力しながら融通可能な範囲で最大限の電気の融通を行っております。[注]

○なお、今のところお客さまに特別に節電をお願いするような状況にはなく、当社名で震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

 [注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を
    東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設
    の容量は上限が決まっております。

美浜発電所3号機事故に係る再発防止対策の取組み状況等について(12月7日更新)

関西電力、関係会社社員名をかたる詐欺、窃盗や不審電話に注意

===================
当初、お送りしたメールの内容は次の通りです。

下記のようなメールが入りましたので転送します。

被害地の電力確保のため、協力をお願いします。
電気の使用を制限し使用量を減らすと、被害地に電力を送ることができます。ご協力をお願いします。

関西電力から被災地への電力供給が始まったそうです。関西地域にお住まいの方はなるべく節電して下さると、被災地への電力供給の助けになります。

電気使用ピーク時の夜になると、需要電力が供給電力を超えてしまい、東京を始め多地域で停電をせざるを得なくなるそうです。

ひとりひとりのちょっとした気遣い(例えば使わない場所の電気を消したり使っていないパソコン・ゲーム等の電源を切る)だけで、非常に大きな支援になります!!
どうかご協力ください!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

望まれる被災地への救援物資

大阪の毛布製造業組合は、今回の被災地に毛布を送ったという。心温まる話だ。余裕のあるメーカーはこの未曾有の大災害に対して救援物資を供出してほしい。

セブンイレブンなどのコンビニエンスストアなども大変協力していると聞く。

ところでユニクロのヒートテックなどは、この寒い時期の救援物資としては大変役立つと思うが、私の聴いた範囲では被災地に送ったという話は聞かない。どのように考えているのだろう?


(2011/3/15 追加訂正)
新聞報道によれば、14日、ユニクロ社はヒートテック30万着など7億円相当を被災地に送ると発表。また会社として3億円、従業員から集めた1億円の義援金、更に柳井氏が個人として10億円の義援金を出すとの発表がありました。

ユニクロ社の支援を大変ありがたく感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未曾有の大災害に挙国一致で対応を

驚くべき大地震、M 8.8。世界最大級の地震だ。津波に流される家屋や人々、乗り物、燃え盛る石油タンク、跡かたもなくなった町や村、多くの死亡者や行方不明者。被災された方々のことを思うと胸が痛む。

このような惨状に対して、政治家は無駄な政争をやめ、挙国一致体制で、被災者の救済や災害の復帰に全力で取り組んでもらいたいものだ。
Tky201103110540
政府の協力要請に対して、自民党や公明党など野党は全面的に協力するという。当然のことだ。

まずは人々の生活基盤の復旧、そして漁業や農業、製造業など壊滅的な打撃を受けた地域の経済活動を支援することが必要だ。



このような中、党利党略など論外だ。最近の日本政治に見られる重箱の隅を楊枝でほじくるような小心な政治家としての態度を改めて、この急務にあたることが政治家には求められるのではないか。政治家の働くべき時はまさにこのような時だ。政治家の真価が問われる時だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

NPO団体の広報ビデオ作成

昨年中頃から参加している「みのお市民まちなみ会議」は、毎年恒例で3月末~4月初、「まちなみパネル展」を市民の集まりの場所であるメイプルホールで行っている。
下の写真は今年度のちらし。

Img_0001_2 今年も、市の広報誌「もみじだより」裏表紙に連載された、「箕面のまちなかのみどりを探して」、阪急電鉄100周年記念 宝塚線・箕面線 ええはがきコンテスト 箕面市内入賞作品展、まちの賑わい(祭)などを題材として、パネル作成作業を行っている。

今年はこれらに加えて、広報用ビデオを作成することになり、私が主として作成している。
なにしろビデオを作成するようなことは、初めてのことなので大変難航した。

ビデオは、会の紹介用パワーポイントのプレゼンテーションをビデオ化することにし、音楽やナレーションの採り入れ、画面切替、文字の挿入などのアニメーションの採り入れなどを行い、最後にCD-Rへのコピーを行った。

ただ、このパソコンで作ったビデオはWMV方式であるので、写す時はこれに対応したビデオデッキが必要である。試作品を会場にあるビデオデッキで試してみたが、ちゃんと読み込んでくれて上手くいった。

やはりビデオにすると迫力が違う。これからの広報活動に利用して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

芥川賞受賞作を読んで

芥川賞受賞作を読もうと文芸春秋3月号を買い求めた。小説を読むのは久しぶりだ。

朝吹真理子氏の「きことわ」は少々難解さを感じ、読むのに時間を要した。貴子と永遠子という二人の女性の少女時代と25年後の今について、触覚や味覚、嗅覚などの五感を基に記憶を再現させながら書かれた小説であり、過去と現在の話が錯綜し、理解しながら読むのに大変苦労した。全体として読者に何を伝えたいのか、よくわからなかった。
しかしながら、絶妙な表現力で、清少納言の様な美意識を感じさせる小説であった。

西村賢太氏の「苦役列車」は、昔読んだ「蟹工船」を思い出させるような小説であった。社会の底辺で甘んじている若者が毎日独りで、生きるための生活を続けながらも、社会を批判するということもなく、人とのつながりを求めて必死で生きているという内容であった。

読後の感想としては、二つの小説とも、何を言わんとしているのか、何を読書に訴えたかったのかが今ひとつわからなかった。私の理解力の貧弱さによるものかも知れない。選評者の作家のコメントも読んで見たが、そのような感想を述べている作家もいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »