« 関西広域連合による被災者救援策 | トップページ | 東北関東大震災・大手週刊誌は無用な批判記事の掲載をやめよう »

2011年3月17日 (木)

東北関東大震災・挙国一致の救国体制を!

菅さん、枝野さんをはじめとして政府は、救援・復興に大変努力されているが、津波被害や原子力発電所の事故などの対応に難航している。

この我が国が経験したことのない前代未聞の事態に対応して、政治家は政争を休戦させ、小異を捨てて大同につくという大人の態度を示してもらいたい。

そして、この際、政府は自民党の谷垣さん、石破さん、小池さん、公明党の山口さん、などの経験豊富な人たちも内閣に取り込み、挙国一致の救国内閣を作り、事態の早期収拾に当たったらどうか。

また、原子力発電所の問題については、我が国だけで対応せず、良き意見はIAEAやアメリカなどの専門家からも取り入れるべきである。

このような非常事態において、お互いのやり方を批判することは禁物である。
====================================
しかしながら、福島原発の事故に対する東京電力の情報の開示の遅さや記者会見での要領を得ない発表(今の時点で現状はどうなっており、どのような心配があるかなどを分かりやすい言葉で話さない)を聴いていると憤りを感じる。

東京電力のトップ・経営陣は、このような原子力発電所の危機に対し、国民の生命の安全を死守するという使命感の下に、自らが現場の一線に立ち、自らが語り、自らが陣頭指揮をしなければならないのに・・・・・・これは、東京電力の現場で働いておられる東電社員や多くの東電・関係会社の社員の方々を非難することでは断じてありません。これらの方々の献身的な働きには感謝の気持ちで一杯です。

|

« 関西広域連合による被災者救援策 | トップページ | 東北関東大震災・大手週刊誌は無用な批判記事の掲載をやめよう »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災・挙国一致の救国体制を!:

« 関西広域連合による被災者救援策 | トップページ | 東北関東大震災・大手週刊誌は無用な批判記事の掲載をやめよう »