« 箕面の街・桂侯爵別邸・新稲古墳・こきんの墓などを散策 | トップページ | 映画「幸せの経済学」に感動! »

2011年6月 2日 (木)

竹内街道と太子町

5月末、太子町を家内と一緒に訪れた。予めお願いしていた太子町観光ボランティア「太子街人の会」のガイドの女性のお二人(KIさんとKMさん)と叡福寺前のバス停で落ち合った。お二人のガイドさんの説明は、大変丁寧でわかりやすく、自然と古代の出来事へ思いを馳せることができた。好天にも恵まれ、楽しい一日であった。

大和の飛鳥には何度か足を運んだが、この「ちかつ飛鳥」と呼ばれるこの地域も、同じ様に古代の面影を所々に残した風景が広がっていた。
======================
大阪と奈良の府県境にそびえる二上山。万葉集にも詠まれたこの山の西麓に、太子町がある。この辺りは昔、ちかつ飛鳥と呼ばれ、飛鳥時代、奈良の都と、大陸との玄関口だった難波を結ぶ「大道」(現在の竹内街道)が整備され、この地を小野妹子らの遣隋使や、大陸からの使節が行き交った。

大道を整備した推古天皇の摂政を務めたのが、町名の由来となっている聖徳太子だ。人口1.4万人の町には、叡福寺境内にある太子御廟をはじめ敏達・用明・推古・孝徳の4天皇陵、小野妹子らの墓が点在していた。一帯は「王陵の谷」とも呼ばれている。

当日ガイドさんに案内頂いた主な個所を記し、私自身の備忘録としたい。

*叡福寺
推古天皇が聖徳太子の墓を守護する香華所として建立したもの。織田信長の兵火で焼失したが、その後豊臣秀頼により聖霊殿が再建され、次第に伽藍の整備が進んだ。また、日本仏教の祖ともいうべき聖徳太子の墓所があることから、空海、親鸞、日蓮など新仏教の開祖となった僧たちもこの寺に参籠した。
2011_0525_102547dvc00023a

*聖徳太子御廟
叡福寺の奥にある円墳。太子の石棺と共に、太子の母・穴穂部間人皇后及び妃の膳郎女の石棺が安置されている。墳丘は二重の結界石によって保護されている。
聖徳太子の「廟窟偈碑」が墓の前にあった。
2011_0525_104103dvc00027a_2

*マンホール
太子町のマンホールには全て、「和を以て貴しと為す」という聖徳太子の17条憲法の一文が刻まれていた。
2011_0525_113130dvc00017a

*小野妹子の墓
科長神社南の丘陵上にある。小野妹子は華道の池坊の道祖とされている。
2011_0525_122534dvc00013a

*科長神社
平安時代の「延喜式」に記録された「式内社」と呼ばれた由緒ある神社。二上山にあって風の神「級長津彦命」を祀っていたが、この地に遷座されたという。
2011_0525_130743dvc00010

*山本邸住宅
大和から河内にかけて街道沿いに残る「大和棟」の民家。母屋の屋根は茅葺きの切妻屋根の両側が本瓦葺きで、妻部分が高壁造り。
2011_0525_141725dvc00028

*孝徳天皇陵
大化改新に即位した天皇の御陵。墳丘は「うぐいすの陵」と呼ばれ、「枕草子」に代表的な御陵として最初に採り上げられている「うぐいすのみささぎ」はこの御陵と考えられている。2011_0525_142220dvc00009

*妙見寺
蘇我馬子の開基とされる大寺院であった。蘇我馬子の位牌が現存している。
2011_0525_152353dvc00002


*竹内街道
堺市の大小路から奈良県葛城市の長尾神社に至る全長30kmの街道。

日本書記に「推古天皇21年(613年)に難波より京に至る大道を置く」と記された我が国最古の官道ともいえる大道ルートと大部分が重なっている。

飛鳥時代、中国や朝鮮半島の優れた文化は、難波からこの街道を通じて飛鳥の京にもたらされた。710年の平城遷都により次第に外交路としての意味を失い衰え始めるが、中世末には自治都市・堺が栄え、堺と大和を結ぶ経済の道として再び脚光を浴び、この頃竹内街道の元ができあがった。

そして江戸時代になり、西国巡礼や伊勢詣りなどが盛んになるにつれて、宗教の道として意味をもつようになった。
2011_0525_143751dvc00006a

2011_0525_145414dvc00005a 

*二上山
雄岳、雌岳の二峰からなる。万葉集では「ふたかみやま」とも呼ばれ「二神山」に通じるとも言われている。かって火山活動によって生成された二上山から産出するサヌカイト、凝灰岩、金剛砂の3つの岩石は歴史上で重要な役割を果たした。
2011_0525_153835dvc00001a

最後にまとめとして文化財保護の点から述べたい。

太子町は小さな自治体であるが、文化財保護や街の景観には大変力を注いでおられる様で、事実、町は美しい。しかしながら財政面から、例えば竹内街道の街並み景観の維持などで、充分な配慮がなされているとは言い切れないとガイドさんは言っておられた。

我が国のどの地域にも同じようなことが言えるのではないかと感じた。

by 八木経営システム研究所
http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

|

« 箕面の街・桂侯爵別邸・新稲古墳・こきんの墓などを散策 | トップページ | 映画「幸せの経済学」に感動! »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹内街道と太子町:

» あなたにお客様を引き寄せるWORDで書く「チラシの作り方」 [あなたにお客様を引き寄せるWORDで書く「チラシの作り方」]
ようこそ!「上手なチラシの作り方」を研究してお客様を引き寄せましょう!今ならビジネス本をもらえるかもです!! [続きを読む]

受信: 2011年6月 3日 (金) 17時32分

« 箕面の街・桂侯爵別邸・新稲古墳・こきんの墓などを散策 | トップページ | 映画「幸せの経済学」に感動! »