« なでしこジャパン、米国を倒し優勝(W杯) | トップページ | 舞鶴・終戦後の引揚・岸壁の母 »

2011年7月22日 (金)

祇園祭を楽しむ

今まで関西に住みながら祇園祭へ行ったことがなかった。今年は東日本大震災もあったこともあり、町衆たちはいつにも増して準備に熱が入っていると聞く。

8月17日の山鉾巡航の日、朝9時の巡航開始に間に合わせようと、早く起きて阪急河原町に9時前に到着。山鉾出発地点から少しのところにある「辻回し」地点は、既に沢山の人出で前に進むのが難しいくらいだ。

ようやく見学地点を定め、待つこと15分。最初の山鉾「長刀鉾」が到着し。辻回しを始めた。竹を車輪の下に敷き、それに水をかけての作業。1回目、2回目と方向転換を試みるが失敗。3回目にようやく成功した。

あとから聞くと大体3回目で方向転換(辻回し)できるらしい。所要時間は約15分。成功すると「わっと」いう歓声が起こるのも祭らしい。

続いて、鉾や山が次々と見学地点を通過した。

とにかく大勢の人出であるが、時々このように身動き出来ないほどの人ごみにもまれた状態に身を置くというのも皆の元気を頂くようで楽しいものである。来年は7月16日の宵山にも行ってみたい。
==================
ところで、祇園祭は、京都市の八坂神社(祇園社)の祭礼である。平安時代の869年(貞観11年)、天災を引き起こすとされる怨霊を鎮める朝廷の儀式「御霊会(ごりょうえ)」が起源とされる。

この年、全国で疫病がはやり、マグニチュード8.5 の激しい地震と大津波を伴う貞観地震が東北地方を襲った。この祭りは、薬師如来の化身・牛頭天王を祀りとりおこなわれている。
==================
by 八木経営システム研究所
http://homepage3.nifty.com/yagikeieioffice/

Img_8893_2

Img_8916_2

Img_8928




|

« なでしこジャパン、米国を倒し優勝(W杯) | トップページ | 舞鶴・終戦後の引揚・岸壁の母 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭を楽しむ:

« なでしこジャパン、米国を倒し優勝(W杯) | トップページ | 舞鶴・終戦後の引揚・岸壁の母 »