« 天川村(役行者縁の地) 訪問記 | トップページ | 箕面市にある、社会を明るくするNPO団体 »

2011年9月19日 (月)

ブログの良さを再認識

昨年始めてみたツイッターであるが、最近殆どご無沙汰である。ツイッターは使用目的によっては有用であり、情報を簡潔に、即座に発信するのには良いかも知れないが、やはり限られた語数で、知らせたいことを正確に発信するには、情報量不足である。伝えたいことを衝動的に発信できるのでストレスの解消になるかもしれないが、それは空しい。

またツイッターは匿名性が認められているので、発信相手の人がどんな人か分からないことも多く、しばしば発信することに躊躇を感じることもある。フェースブックは匿名性がないので安心感があるようであるが、逆に露出性が高いこともあり、今のところ登録はしたが、使用を検討中である。

その点、ブログは自分の云いたいことを、ある程度充分に、しかも正確に伝えることができるので、最近はブログに専念することにしている。現在、複数のブログ記事を書いているが、ブログ記事を書いて、しかもツイッターをするとなると、パソコンに向かっている時間が長くなり、自分で考えたり、読書したりする時間が減るからである。ただ、ブログは閉じた世界であり、相互の情報の交換は殆どないが、長らくブログを続けていると、それなりに読者も増えて来るので、発信の面白さがある。

最近、SNSでは、ツイッターやつぶやきの出現で、まとまった記事(ブログ)を書く人が激減しているように感じる。ブログがいいか、つぶやきがいいか、は分からないが、まとまった記事を落ち着いて書く人が減っていることに淋しさを感じるこの頃である。

|

« 天川村(役行者縁の地) 訪問記 | トップページ | 箕面市にある、社会を明るくするNPO団体 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの良さを再認識:

« 天川村(役行者縁の地) 訪問記 | トップページ | 箕面市にある、社会を明るくするNPO団体 »