« 箕面富:箕面市・瀧安寺の伝統行事が復活 | トップページ | 音楽で仏教界へ新風を吹き込む女性僧侶・三浦 明利さん »

2011年10月15日 (土)

ならまち散歩

10月初め、家内と留学生Kさんの三人で奈良を訪れた。東大寺、薬師寺、唐招提寺へ向かう前に立ち寄った「ならまち」は、古の都のたたずまいを残し、素朴で、癒しを与えてくれる美しい町であった。

710年、平城京への遷都の時、飛鳥の法興寺(飛鳥寺)が元興寺として平城京に移され、この「ならまち」付近は「平城(なら)の飛鳥」と呼ばれていた。

「故郷の飛鳥はあれどあおによし平城の明日香を見らくし好しも」(大伴坂上郎女)・・・古京となった飛鳥もよいけれども、青丹よき奈良の明日香を見るものよいことよ・・・という万葉集の歌が遺されている。Img_9483

現在、この元興寺の旧境内を中心とした地域は「ならまち」と呼ばれているが、平城京への遷都以来、まちづくりが続けられて来た。江戸時代の末期から明治時代にかけての町屋の面影を今に伝える「ならまち」は、都会からやってきた我々に、やすらぎと潤いを与えてくれる町であった。

Img_9469 Img_9490

|

« 箕面富:箕面市・瀧安寺の伝統行事が復活 | トップページ | 音楽で仏教界へ新風を吹き込む女性僧侶・三浦 明利さん »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/52994587

この記事へのトラックバック一覧です: ならまち散歩:

« 箕面富:箕面市・瀧安寺の伝統行事が復活 | トップページ | 音楽で仏教界へ新風を吹き込む女性僧侶・三浦 明利さん »