« 淡路島の春 | トップページ | レンゲ畑が見える風景 »

2012年4月26日 (木)

近江商人郷土館・・近江商人のふる里を訪れる

以前から行こうと思ってなかなか実現しなかった近江商人の里へ、先日思い立ち、行って来ました。近江商人の里とはいっても、一カ所に集まっているわけではなく、近江八幡、五個荘、日野、高島、豊郷、湖東地方と散在しています。

今回は、湖東地方にある近江商人郷土館へ行ってきました。そこはJR近江八幡から近江鉄道に乗り換え、八日市で下車。タクシーで6分くらいのところの東近江市小田刈町にあります。

これからも他の近江商人のふる里を訪れたいと思いますが、まず最初に近江商人郷土館を選んだのは、今年の2月末に仲間と共同で出版した書籍「伸びる会社はここが違う!元気企業に学ぶ7ヶ条」(出版文化社)の中で、日本的な経営の良さを訴え、近江商人の「三方よし」の精神を取り上げたからです。

そして、近江商人の「三方よし」について、末永國紀氏の著書「近江商人-現代を生き抜くビジネスの指針」の中から、丁吟の小林吟衛門などについての記述を引用させて頂きましたが、その書籍の中に多くの「近江商人郷土館」の資料が掲載されていたからです。

====================
ところで、近江商人郷土館は映画「てんびんの詩」の舞台にもなったところで、「丁吟」の屋号で知られる小林吟衛門の屋敷と土蔵が公開されており、近江商人の商業活動や生活様式が鮮明に伝えられています。

小林家は、代々丁子屋吟衛門を襲名し「丁吟」と称され、初代吟衛門は、寛政10年(1798)に麻布の行商を始め、繊維卸、金融業を江戸、大阪、京都で営んだ。その後、小林家は、彦根藩主より苗字帯刀を許され藩の御用商人になった。明治には、近江銀行や綿布会社、治田鉱山、近江鉄道の創設経営などに参加している。そして現在、アパレル関係の会社である「チョーギン」に名前を残している。
===================
館内の案内を同館の西沢氏にして頂いた。ご親切な案内により、日本的な経営のルーツである近江商人についての理解を一層深めることができました。

小林当主の商訓、帳面類・看板などの店の様子、行商の旅に必要なもの、近江の歴史や変遷を伝える古文書、隠居後の当主統括の場となった座敷蔵(隠居蔵)、大蔵、川の水を引き込んだ川戸蔵、従業員の教育資料、などを見学させて頂きました。
===================
(近江商人郷土館入口)
Img_0731
====================
(旧丁吟本家・小林亭母屋)
Img_0729
===================
(商訓)               (店の様子)
Img Img_0703
===================
(江戸時代の近江商人長者番付)     (銭箱)
Img_0689 Img_0690
===================
(行商の旅姿)           (旅衣装)
Img_0695 Img_0696
===================
(小林家は彦根藩の勘定奉行を勤めていた関係で、
桜田門外の変の際、事件の様子が小林家に
急報された。その時の事情を伝える文書。
Img_0697
===================
(4代目の洋行時の所持品)      (小林家と近江鉄道)
Img_0699 Img_0702
==================
(母屋の庭)
Img_0706
==================
(従業員の教育に熱心であった)
Img_0712 Img_0710
===================
(隠居蔵)
Img_0716 Img_0717
===================
(川戸蔵)               (大蔵)
Img_0722 Img_0721
====================
(厨房)
Img_0726
====================
(映画「てんびんの詩」関係の写真など)
Img_0725

|

« 淡路島の春 | トップページ | レンゲ畑が見える風景 »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/54565273

この記事へのトラックバック一覧です: 近江商人郷土館・・近江商人のふる里を訪れる:

« 淡路島の春 | トップページ | レンゲ畑が見える風景 »