« みどり・みのお体験フェアが開催されました | トップページ | 淡路島の春 »

2012年4月17日 (火)

箕面・瀧安寺の大護摩供

4月15日、関西一円から山伏が集まり境内の護摩道場において、世界平和をはじめ有縁者の諸願を祈願する「採灯大護摩供」が行われました。

阪急箕面駅から瀧安寺までの「山伏大行列」に続いて、役行者を祀った行者堂の戸開法要の後、採灯大護摩法要が護摩の作法に従い、山伏問答、法弓、法剣、法斧などが行われました。

護摩は、火炉を設けて護摩木を焼きつつ拝む、インドから中国に伝えられた密教の秘宝です。本山派(天台宗)では、これを「採灯護摩」、本山派(真言宗)では「紫燈護摩」と表記しています。ここ瀧安寺は天台宗なので、「採灯護摩」です。

今回、この大護摩供を初めて、最初から最後まで見ましたが、日本古来の伝統ある儀式の厳粛さに魅了されました。

=======================
*橋本亭の横を、法螺を吹きながら通過する山伏
Img_0556

*役行者が祀られている行者堂の戸開法要
Img_0601

*護摩道場全景
Img_0603

*山伏問答
Img_0610

*法弓
Img_0611

*護摩・・・桧葉を燃やす儀式は煙や炎で見応えがある。
Img_0641

*護摩終了後、御利益に預かる皆様
Img_0647

|

« みどり・みのお体験フェアが開催されました | トップページ | 淡路島の春 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/54493900

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面・瀧安寺の大護摩供:

« みどり・みのお体験フェアが開催されました | トップページ | 淡路島の春 »