« ワンコインコンサートを楽しむ | トップページ | ウクライナの至宝(大坂歴史博物館)を観て »

2012年10月21日 (日)

箕面滝道で行われた「ハロウィン」

10月20日、箕面の滝道でハロウィンが行われた。午後5時頃、沢山の子供たちがお母さん、お父さんに連れられて、箕面駅前に集まって来た。中には外国人の親子連れも。

それぞれの思いを込めた仮装した姿の子供たちが、楽しそうに、はしゃいでいる姿を見るのは楽しい。子供たちは、主催者が用意したトランプなどを使った手品と楽しんだ後、皆で滝道の商店街へ。33店舗ほどが、御菓子などを準備して協力してくれたそうだ。

商店街の人たちは子供たちを温かく迎え、子供たちは用意した袋にもらったお菓子を一杯詰め込んで楽しそうであった。

ハロウィンは、箕面では、この箕面滝道の他、小野原など数カ所で行われているが、このイベントも最近すっかり定着したようだ。

ハロウィンの起源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallows」「Eve」、Hallowseve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになった。その由来は、古代ケルト人の秋の収穫感謝祭に起源があるといわれる。ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が親族を訪ねたり、悪霊が降りて作物を荒らすと信じられていた。そこから、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭が行われるようになり、キリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンの行事になった。ハロウィンでは、仮装した子供たちが、「Trick orTreat(ご馳走をくれないと、悪戯するよ)」と言って、近所の家からお菓子をもらう由来は、農民が祭用の食料をもらって歩いた様子を真似たものと云われる。

駅前に集まった子供たち

Img_1718

商店街に繰り出す子供たち
Img_1725

Img_1730

|

« ワンコインコンサートを楽しむ | トップページ | ウクライナの至宝(大坂歴史博物館)を観て »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/55940855

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面滝道で行われた「ハロウィン」:

« ワンコインコンサートを楽しむ | トップページ | ウクライナの至宝(大坂歴史博物館)を観て »