« 国立文楽劇場で文楽を観る | トップページ | AUN J クラシックオーケストラ・和楽器で日本文化を世界に発信 »

2013年1月30日 (水)

人を大切にしない企業はいずれは衰退する

近年、これが日本企業なのかと疑いたくなるような報道が多くなってきた。そのひとつは、『追い出し部屋』という、今まであまり聴き慣れない嫌な言葉が新聞紙上に現れるようになったことである。これは人員削減のために、やめさせたい社員をある所に集め、仕事も与えないで、本人の自発的な退職を促すものらしい。

これがパナソニックのような大企業で創業者の松下幸之助氏以来、人を大切にし続けて来た、いわゆる優良企業であるから、猶更驚かされる。

日本企業は概ね、かつては家族的な経営を掲げ、終身雇用制のような良きシステムを維持して来た。しかしその後、アメリカ式の成果主義や能力給などの非人間的要素を取り入れるようになった結果、おかしくなってきた。そのためか、どのような経済環境においても敢然と社員の雇用を守るという経営者が少なくなって来たように思われる。自分さえ良ければそれでいいという様に、経営者の資質も低下して来たのであろうか。少なくとも言えることは、人を大切にしない企業は、短期的には業績を改善できるかもしれないが、長期的にみればいずれ衰退する。これは歴史が証明しているところである。

|

« 国立文楽劇場で文楽を観る | トップページ | AUN J クラシックオーケストラ・和楽器で日本文化を世界に発信 »

コメント

非常に同感です
必ず衰退すると思う

投稿: | 2013年1月31日 (木) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人を大切にしない企業はいずれは衰退する:

« 国立文楽劇場で文楽を観る | トップページ | AUN J クラシックオーケストラ・和楽器で日本文化を世界に発信 »