« 大阪歴史博物館特別展「天下の城下町・大坂と江戸」 | トップページ | 生命誌絵巻・自然と人間、そして科学 »

2013年2月27日 (水)

旭電機化成㈱(大阪市東成区)・脱下請け 雑談は商機

先日、朝日新聞を見ていると、『東成のプラスチック製品製造会社、脱下請け 雑談は商機』という見出しが目に飛び込んだ。改めてよく見ると5年ほど前、私が大阪商工会議所・東成生野支部の経営相談員の仕事をさせて頂いていた時、色々とお世話になった大阪市東成区にある『旭電機化成㈱』であった。社長の原直宏さんとは、よく懇談させて頂いた。

同社は、創業80年の老舗であるが、長年大手企業の下請けに甘んじて来た。新聞にも掲載の様に、1990年代のバブル崩壊や円高による元請の海外進出で、受注が激減...。しかし一人も解雇することなく自立営業型の企業として蘇った。それは自社製品開発に移行したからである。

今では自社製品の売上は下請け受注を上回り、7割を占める。自社製品開発に欠かせないのは、顧客の声はいうまでもないが、社員のアイデアだという。専務の原守男さんが心がけているのは、社員との気楽な会話で、そこから生み出される社員の何気ない感想や意見に耳を傾けることだという。

外部の人の力を借りることも必要だが、何よりも先ず、自社のことを知り尽くした社員の人材を十分に活用することの必要性を教えてくれる企業事例である。
Img_0001

|

« 大阪歴史博物館特別展「天下の城下町・大坂と江戸」 | トップページ | 生命誌絵巻・自然と人間、そして科学 »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/56853706

この記事へのトラックバック一覧です: 旭電機化成㈱(大阪市東成区)・脱下請け 雑談は商機:

« 大阪歴史博物館特別展「天下の城下町・大坂と江戸」 | トップページ | 生命誌絵巻・自然と人間、そして科学 »