« つまらない報道はできるだけ少なくしよう! | トップページ | 女子柔道界でのパワーハラスメントに思う »

2013年2月 4日 (月)

箕面市・帝釈寺の節分会、福護摩まつり

2月2日、箕面市の帝釈寺で、珍しい節分会が催されるというので、家内、スペインからの留学生マリアさんの3人で出かけた。マリアさんは日本文化に大変興味を持っているので丁度いい機会だと思い、誘った。

帝釈寺の節分会の何が珍しいかというと、山伏(行者)による『福護摩祭』という見慣れない行事が行われるからである。この祭りは、境内に護摩壇を設け、護摩木を焚いて(焚火を神聖化した様なもの)、その年の多幸と安全を祈念し、また諸願成就や厄年にあたる者の厄難を祓い、不祥を消し去る力を授与するというものである。

そして、燃え終わった後に、これまた珍しい『火渡り修行』といって、余熱が残っている灰の上を素足で渡るという行事が行われる。護摩壇は、寺有林にある、護摩の薪と桧の葉を集めて来て作られる。

======================

帝釈寺に着いたのは、午前10時半前、本堂へ向う道は既に大勢の人の列。入口で護摩木を買い求める。これは護摩壇で燃やしてもらうためである。我々は家内安全、マリアさんは学生であるので学業成就の護摩木を買った。

本堂でのお祈りを済ませ、ぜんざいの接待を受けた後、待つこと約1時間、14人程の山伏が法螺貝を吹きながら入場、行者問答、法弓などの儀式を終えた後、いよいよ護摩壇に点火。桧の葉は煙を上げながら勢いよく燃え上がった。火が燃える様子を見ていると非常に神秘的な世界に誘い込まれる。

燃え尽きた後の火渡り修行には、我々は参加しなかったが、大勢の人が行列をつくって、余熱の残った灰の上を歩いていた。若い人も年配の人も、それぞれの願いを胸に祈りながらであろう。今日の節分会を見て、日本人は外国人からは無宗教であると言われているが、決してそんなことはない、非常に宗教心溢れる国民であると感じた。

Img_2278a

マリアさんの護摩木

Img_2277_4

ぜんざいの接待を受ける
Img_2287

法弓の行事
Img_2299

護摩壇
Img_2318

護摩壇
Img_2326

火渡り修行

Img_2342


 

|

« つまらない報道はできるだけ少なくしよう! | トップページ | 女子柔道界でのパワーハラスメントに思う »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/56696065

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面市・帝釈寺の節分会、福護摩まつり:

« つまらない報道はできるだけ少なくしよう! | トップページ | 女子柔道界でのパワーハラスメントに思う »