« 万葉散歩・佐保川沿いに歩く | トップページ | 円安・株高で浮かれてはいけない! »

2013年4月12日 (金)

サッチャー元首相のこと

亡くなったイギリスのマーガレット・サッチャー元首相。イギリスにおいても好きか嫌いかについて評価が大きく分かれる。好きな政治家とは言えないが、私にとって、毅然とした政治家で、自分が不人気になるからといって信念を曲げない人であったという記憶が強く残っている。
小さな政府を掲げ、自助努力という価値観を重視し、弱者には厳しい態度を取り中小企業支援などにも消極的であった。このためイギリス伝統の製造業は衰えた。しかしながら1970年代には『英国病』と言われたイギリスを現在ある地位に復活さ...せた。またその政策の一部は労働党政権にも引き継がれたものもある。

サッチャー氏の最も大きな功績は、世界の冷戦の終結をもたらしたことだと思う。その毅然とした彼女の態度と政策は、ソ連から『鉄の女』とも評されたが、結局は共産主義独裁国家・ソ連の崩壊に繫がった。そのソ連を敵視しながらも彼女が「一緒に仕事ができると人物だ」と評した、ソ連最後の大統領であり、良識の人であったゴルバチョフ元ソ連大統領(82)は、インタファックス通信に対し「私たちの関係は時に複雑で、いつも平穏とはいかなかったが・・・・最終的には相互理解に達することができ、ソ連と西側との間の雰囲気の変化につながり、冷戦の終結がもたらされた」とコメントしている。写真のひとつはサッチャーさんとゴルバチョフさんが並んで撮られたものである。

とにかく、サッチャー氏のような一時代を築いた政治家がまたひとり消えて行くことに淋しさを覚えた。
565449_c450

565445_c450_3


565445_c450_8






565445_c450_7


565445_c450_6



565445_c450_5



565445_c450_4

565445_c450_3


565445_c450

|

« 万葉散歩・佐保川沿いに歩く | トップページ | 円安・株高で浮かれてはいけない! »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/57157299

この記事へのトラックバック一覧です: サッチャー元首相のこと:

« 万葉散歩・佐保川沿いに歩く | トップページ | 円安・株高で浮かれてはいけない! »