« ハウステンボスの再生・文化の大切さを語る澤田秀雄さん | トップページ | 天明の飢饉から学びたいこと・食料自給率の維持、向上 »

2013年4月 7日 (日)

万葉こども賞コンクールのこと・感性に満ちた子供たち

5年程前から万葉集の魅力にとりつかれ愛読している。奈良県にある万葉文化会館へは万葉集の大家である中西進先生や上野誠先生、井上さやか先生の話を聴くためによく行った。それ以来、他の人たちの話も聴くにつけ、万葉集は源氏物語などと並んで、日本人の心の原点であると私は感じている。

先日、新聞に『第5回万葉こども賞コンクール』の記事が載っていた。このコンクールは万葉集の歌を題材に自由な発想で表現した作文や絵画を子供たち(小学校生、中学校生)から募集してお...り、奈良県立文化会館と朝日新聞社が主催している。
Img_2
優秀賞に選ばれた作文や絵画を見て、子供たちの感受性溢れた想像力や表現力、美的感覚力の素晴らしさに驚かされた。添付した写真にあるように、額田王(ぬかたのおおきみ)や紀少鹿女郎(きのおしかのいらつめ)が作った和歌についての作文や絵画などは素晴らしいものだ。

私が彼らと同じ子供時代は、万葉集などの作品については、その名前さえ知らなかったのに、現代の子供たちの中には、この作品を読んで反応し、立派に意見を述べる者もいるのだと思うと、非常に頼もしく感じた。

もうひとつ感じたのは受賞者の殆どが女子だということである。男子は数えるほどである。その理由はわからないが、やはり女性の方が感性に優れていることを示すものではなかろうかと思っている。

|

« ハウステンボスの再生・文化の大切さを語る澤田秀雄さん | トップページ | 天明の飢饉から学びたいこと・食料自給率の維持、向上 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/57122195

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉こども賞コンクールのこと・感性に満ちた子供たち:

« ハウステンボスの再生・文化の大切さを語る澤田秀雄さん | トップページ | 天明の飢饉から学びたいこと・食料自給率の維持、向上 »