« 参議院選挙を終わって・福沢諭吉に学ぶこと | トップページ | 西郷隆盛と勝海舟 »

2013年7月27日 (土)

天神祭

7月25日、初めて天神祭を現地で楽しみました。平安時代中頃、951年に始まったこの祭りは、祇園祭、神田祭とならんで日本三大祭の一つですが、大阪に住みながらまだ行ったことがありませんでした。今まではテレビ大阪の番組を観て、この祭りの様子を楽しんでいましたが、やはり今回現地で観ることにより、古代から続いてきた伝統ある祭りの厳粛さと熱気を肌で感じることが出来たように思います。

7月25日は本宮で、この祭りのハイライトは「船渡御(ふなとぎょ)」が行われました。天満宮表門を...出発し陸渡御を終えた一団が、天神橋北詰で次々と船に乗り込みます。その船団は数百艘。菅原道真の御神霊を乗せた「御鳳輦船(ごほうれんせん)」や「供奉船」は天神橋を発進し、大川の上流へ。一方、御神霊を迎える「奉拝船(ほうはいせん)」の一団は、都島駅近くの飛翔橋から大川を下ります。今回、私たちは大阪商工会議所の奉拝船に乗せて頂きました。尚、この船には司会者として桂蝶六さんが乗船し案内してくれました。

奉拝船での遊覧は午後6時から9時まで3時間に及びました。その間、「御鳳輦船」や能が演じられている「能船」、手漕ぎの船「どんどこ船」、また天神橋商店街やライオンズクラブ、日清食品などの「奉拝船」など、沢山の船と出会いました。タレントの眞鍋かおりさんが乗船している船にも出会いました。船渡御では、船と船がすれ違うたびに「大阪じめ」という挨拶が行われることを始めて知りました。浪速の商人には欠かせない習慣だそうです。(大阪じめ⇒ ①打ちまーしよ、チョンチョン ②もひとつせー、チョンチョン ③祝うて三度、チョチョンがチョン)。

天神祭の人出は100万人だそうです。大川の沿岸、天神橋や天満橋の上、ビルやマンション、大勢の方が見物されていました。後でテレビ大阪の天神祭中継録画を観ました。祭りにはやはり人を高揚させる特別な雰囲気があるのでしよう。その番組では天神祭での思い出話について、アンケートを募集していましたが、祭りの時にプロポーズされたとか、何かの事情で離婚したものの、年に一度、祭の時には再会しようと約束し、幾度か会う内に、再婚し今は幸せに暮らしているとか、恋に関するものが60%も占めていたのは、印象的でした。
Img_3238

Img_3239

Img_3241

Img_3256

Img_3263

Img_3275


|

« 参議院選挙を終わって・福沢諭吉に学ぶこと | トップページ | 西郷隆盛と勝海舟 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/57873979

この記事へのトラックバック一覧です: 天神祭:

« 参議院選挙を終わって・福沢諭吉に学ぶこと | トップページ | 西郷隆盛と勝海舟 »