« 高山右近の郷・高山 →望まれる村の活性化   | トップページ | 緒方貞子さん・我が国が誇る外交官 »

2013年8月26日 (月)

番組「半沢直樹」は、現在の殺伐とした社会への警鐘である

最近、人気を集めている番組・TBS系の日曜劇場『半沢直樹』。一体どういうところが受けているのだろうと思って昨夜観てみた。原作は、元銀行員で直木賞作家である池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』で、バブル末期に大手都市銀行に入行した主人公半沢直樹の企業社会での奮闘を描いたドラマだという。番組では、バブル期に“東京中央銀行”に入行した堺雅人さん扮する半沢直樹が、社内外の「敵」と戦い、組織の「悪」と闘っている様子が映し出されていた。

理不尽な上司を戒めると共に、同僚や部下など、彼らの被害者たる者の側に立って奮戦している姿は、勧善懲悪の物語として、私も感動するところがあった。

さて、バブル期を経た現在の状況はどうであろうか。若い人の就職難、非正規社員の増加、ブラック企業の出現、等々、企業経営を巡る情勢は悪化しつつある。たとえば、かつては優良企業...の代表とさえ云われ、人を解雇することなく、従業員を大切にすることで名が知られていた関西にある大企業は、「追い出し部屋」などを設け、世間から非難を浴びている。これにより、この企業は地域の雇用を守り、社会に貢献するという経営理念のひとつを捨て去った。創業者M氏が築いた素晴らしい企業風土は今は過去のものとなった。近年の経営者層の品格の低下は著しい。

番組「『半沢直樹』は、このような状況の中で、今の社会に不満を感じている人々の鬱積の吐口として観られているケースが多いのではないかと思った。我が国としては、淋しい現象である。日本にも様々な企業があるが、世界的に見れば、今も尚、皆が仲良く、比較的平等な立場で、協力し合って、会社を営んで来たところが多い。このような我が国の良き伝統を守るためにも、この番組が、経営者や社会の枠組みを決める政治家への警鐘として受け止められればいいなと思った。

|

« 高山右近の郷・高山 →望まれる村の活性化   | トップページ | 緒方貞子さん・我が国が誇る外交官 »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/58071647

この記事へのトラックバック一覧です: 番組「半沢直樹」は、現在の殺伐とした社会への警鐘である:

« 高山右近の郷・高山 →望まれる村の活性化   | トップページ | 緒方貞子さん・我が国が誇る外交官 »