« 東京オリンピック開催決定後、政府に課せられたこと | トップページ | 効率性の重視は人間的な絆を希薄にする »

2013年9月11日 (水)

山の中では蝉が賑やかに鳴いていました

健康のために月に数回登っている自宅の裏山・六個山(箕面市)に、本日も登って来ました。驚いたことに9月に入って少し涼しくなったこの季節だというのに、蝉が賑やかに鳴いているのです。主にアブラゼミとニイニイゼミで、それにツクツクボウシ。

真夏の8月には、この山で鳴いている蝉が殆どいなく、静まりかえっていたと表現してもいいくらいであったのに、不思議なことです。涼しくなって来たので、比較的涼しい気温を好むこれらの蝉は、今になって地中から出て来たように思いました。因みに、地上では最近殆ど蝉の声を聞きません。

山を歩いているとドングリの実が落ちているのが目につきました。栗の実や、色づいた柿も見られました。暑かった夏が過ぎ、ようやく秋が来たことを感じさせてくれました。2時間ばかりのウォーキング、リフレッシュできました。

Img_3448

|

« 東京オリンピック開催決定後、政府に課せられたこと | トップページ | 効率性の重視は人間的な絆を希薄にする »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/58171257

この記事へのトラックバック一覧です: 山の中では蝉が賑やかに鳴いていました:

« 東京オリンピック開催決定後、政府に課せられたこと | トップページ | 効率性の重視は人間的な絆を希薄にする »