« 宮里優作選手。初優勝、おめでとうございます! | トップページ | 仲間との懇談 »

2013年12月12日 (木)

グレゴリー聖歌と仏教における声明との共通性

先月、大阪大学会館で聴いたコンサート「松井知恵&ヴォーカルアンサンブルLa萠Mie ~祈りの歌で音楽が始まった~」は、4人のソプラノ歌手と一人の演奏者(シンセサイザー、シタ-)によるもので、アヴェマリア、賛歌、聖歌などの宗教音楽の素晴らしさを満喫しました。主宰者の松井智恵さんは、歌手の中島みゆきに似た清楚な感じのする方でした。

今回の演奏で説明を受けましたが、西洋キリスト教におけるグレゴリー聖歌などの宗教音楽と仏教における声明(しょうみょう)とは、その根底は同じで、祈りの気...持ちを伝え、言葉だけではよくわからないが、音楽というものが加わることによって、人はより強く影響を受け、感化されるということがよく理解できました。

また両者の違い、西洋の賛歌は天に向かって昇っていく感じ、声明は地面の底から突き上げて響く感じという説明も、何となく理解できた感じです。人間にとって音楽というものの影響の強さを改めて感じました。声明とは、法要儀式に際し、経文や真言に旋律抑揚を付けて唱える仏教声楽曲です(例:諸天漢語讃)。

Img_20131210_0001_2

Img_20131210_0002




|

« 宮里優作選手。初優勝、おめでとうございます! | トップページ | 仲間との懇談 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/58743399

この記事へのトラックバック一覧です: グレゴリー聖歌と仏教における声明との共通性:

« 宮里優作選手。初優勝、おめでとうございます! | トップページ | 仲間との懇談 »