« スポーツ選手に見る人生の無常(鉄平選手・安藤美姫選手) | トップページ | 紅白歌合戦を観て »

2013年12月27日 (金)

昭和天皇も不快感を示した靖国参拝

懲りなくいつまでやるのだろう。歴代の多くの自民党選出首相による靖国参拝。今回の突然の安部首相による靖国参拝は日本の将来に暗い影を投げかけているように思われる。遺憾なことだ。与党・公明党の反対、異例ともいえるアメリカによる靖国参拝抑制の依頼を振り切っての今回の参拝である。側近には止めるものもいない。最近、安部首相の横顔に独裁者の翳を感じるようになった。

今回の参拝は、平和を志向するという日本国民のイメージを損ない、国民生活に密接する経済にも大いに影響を及ぼさずにはいられないだろう。経済だけやっていれば、国民は満足するといった考えでは、安部政権は早晩、国民から見放されるだろう。早く靖国神社問題から脱皮したいものだ。
=========================
そもそも靖国神社は、人を祭神として祀っている神社である。この神社での祭神とは戦没者であり、ペリー来航以降の戦死者、約246万人近くの人を祀っているという。戊申戦争、日清戦争、日中戦争などでの戦死者である。

このような戦没者を祀るという意味では何ら問題はないはずだが、おかしくなったのは、極東軍事裁判でのA級戦犯者(戦争を企画した者)が合祀されることが決まってからである。昭和天皇は、A級戦犯が合祀されることに不快感を表明し、合祀後は靖国神社に参拝することを止めた。勿論、今の天皇も参拝していない。天皇も参拝していないところに何故、自民党の首相が参拝するのか、不可解なことである。「亡くなったらみんな神で同じである。だから合祀する」といった我が国固有の宗教観だけでは、世界に詭弁としか思われず、通用しない。

|

« スポーツ選手に見る人生の無常(鉄平選手・安藤美姫選手) | トップページ | 紅白歌合戦を観て »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/58828539

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇も不快感を示した靖国参拝:

« スポーツ選手に見る人生の無常(鉄平選手・安藤美姫選手) | トップページ | 紅白歌合戦を観て »