« ドイツ政府が中国に示した毅然とした態度 | トップページ | STAP細胞を巡る「理研」の対応はこれでいいのか »

2014年4月 2日 (水)

箕面の桜

昨日、4月1日、箕面観光ボランティアガイドの仲間と、ガイドの下見を兼ねて箕面の山に登り春のヤマザクラを楽しんだ。箕面の山にも色々な桜がある。4月初めから4月末にかけてこれらの桜が次々と咲いていく様子を見るのは楽しいものだ。

最初に登場するのがエドヒガン(江戸彼岸)だ。このサクラは原種の桜で、花は小ぶりだが生命力が強く、樹齢数百年に及ぶ古木さえある。全国にある名木は殆どがエドヒガンである。花は葉が出る前に咲く。

次がヤマザクラ。これも桜の原種で、赤っぽい葉とともに淡いピンクの花が同時に咲く。有名な吉野の桜はこのサクラである。これに続いて、あまり知られていないが、小さな白い花をブラシ状につけるウワミズサクラ(上溝桜)が、その次に薄黄色の小さな花をブラシ状につけるイヌザクラ(犬桜)と続き、最後に緑っぽい葉と白乃至淡紅色の花が同時に咲くカスミザクラ(霞桜)が咲いて、4月末に桜の季節が終わる。

因みに、我々が街で見かけるソメイヨシノは、江戸時代後期に、江戸郊外の染井村(現在の駒込)で、エドヒガンと大島桜を交配してつくられた桜である。寿命は短い。 箕面の山には、桜の他にも、コバノミツバツツジ(小葉の三つ葉躑躅)などの花が咲いていて大いに進みゆく春を楽しんだ。

Photo

Img_4382

Img_4374

Photo_2

|

« ドイツ政府が中国に示した毅然とした態度 | トップページ | STAP細胞を巡る「理研」の対応はこれでいいのか »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/59400776

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面の桜:

« ドイツ政府が中国に示した毅然とした態度 | トップページ | STAP細胞を巡る「理研」の対応はこれでいいのか »