« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

立憲主義を守ろう!

今、中国による尖閣諸島や南沙諸島などへの限りない侵略行為に対応して、中国は脅威であるという感情が我々国民の間に増えつつあるが、これに便乗して、自民党安部政権による集団的自衛権の行使を姑息的に憲法解釈の変更のみで行おうとする動きが急である。

外国の侵略に対して我が国を守らなければならないという意識は、国民誰しももっていると思うが、単純に、力に対しては力で対応しようするのは危険な賭けである。ましてやその時の内閣や首相による権限のみで、憲法解釈...の変更によって行うことは極めて危険である。
=====================
この安部内閣の動きを見ていて思い出したことがある。今年の2月末、中欧を旅した時、オーストリアの首都・ウィーンを訪れた。バスでの市内観光の時、添乗員さんが、「この建物が、ヒトラーが受験し不合格となり、画家になることを断念した美術大学です」という説明があった。

車窓からの見学だけだったので、後で自由行動の時に見に行って撮ったのが添付の写真である。ドイツが誇る詩人・シラー像の前に、その大学はあった。当時ウィーン美術アカデミーと呼ばれていたが、ヒトラーは1907年ここを受験し失敗、画家になろうとする芸術的な野心を失くし、政治の世界に入って行った。
もしも画家になっていたならば、ナチスの悪夢が存在していなかっただろうと云われている。
======================
ヒトラーも最初は民主的なワイマール憲法の下で、選挙を経て政権を掌握した。しかし一旦政権を掌握するや否や、独裁的となり、議会を無視して憲法解釈の変更を連発し、ドイツ及び世界を不幸な状態に陥れた。またこの時の政治・経済状態は混乱を極めていた状態であり、ドイツ国民がヒトラーの政策に無批判に盲従したことも人類史に残る大きな誤りであった。

今の平和な時代、こんなことは我が国では起こりえないと思う方々が多いかも知れない。しかし、もしも世の中が食糧難などで社会的に混乱状態になったような場合、ヒトラーのような狂信的な政治家が現れ、彼に操られて国民が不幸な目に遭うことになるかも知れないことを頭の中に入れておく必要がある。

(写真はヒトラーが受験に失敗した美術大学。シラー像の背後の建物)


Img_4179


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

新しい本の出版構想を練りました

仲間との共著である書籍「伸びる会社はここが違う!~元気企業に学ぶ7ヶ条~」(出版文化社)」を出版してから2年あまりになる。この書籍を出版したのは、小さくても日夜必死に頑張っておられる企業の方々に何とか元気を出してもらいたいという気持からだった。

基調となっているのは、日本的な経営の良さ(特に、人を大切にする、社会のために良き製品・サービスを提供する等)を生かした経営をやって頂きたいという思いであった。
===================
一方、私はここ何年間、我が国の歴史・文化や世界の歴史・文化・文明を趣味的に勉強する中で、我が国の「ものづくり」の特徴(細やかさ、精緻、など)が、我が国独特の歴史・文化・風土の中で培養された「もののあわれ」や「わびさび」などの心と大いに関係があることをもっと再認識し、それを今後の、我が国企業の強みにすべきであるという自分勝手な思いを抱くに至った。

この...グローバル化が進展する中で、我が国のものづくり企業が自信をもってモノづくりに励んで欲しいという強い願望である。
=======================
というわけで、昨年の末頃から、我が国の「ものづくり」に焦点を絞り、上に述べた趣旨の書籍を出版したいという思いを強めた。今、構想がほぼ完成し、目次をつくったみたところである。

今回は一人で執筆するが、ご協力を得られるならば企業の経営者の方(未定)との共著にすることも考えている。また出来れば商業出版にしたいが、費用の関係もありどのようにするかは、もう少し執筆が進んだ段階で考えたいと思っている。企業の取材もする予定である。1年半後ぐらいに完成できればと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

大飯原発の運転差し止め判決に思う

科学の進歩は人類に幸せをもたらすとは限らない。科学や経済を志す人は、科学が不幸をもたらすかも知れないという危険性をも十分考えて行動することが求められる。
すなわち、科学の前には、まず哲学が存在しなければならない。人間はどのように生きていくべきか、人間の幸せとは何か、人間は社会の中でどのように行動しなければならないか、 等々。

人類が発明した最大の負の遺産、原子力。このような人間自身がコントロールできない技術を生み出したことは大きな間違いであった。それ故、原子力は廃絶される方向に向かうべきというのが普通の人間が考えることではないのか。

大飯原発の運転差し止めを命じる判決が福井地裁によって下された。関電という企業経営におけるコスト削減という問題は、人間の生きる権利の前には、限りなく小さい。(もっとも関電で働いている人々の雇用という問題を無視できないが)。

判決にもある「原発の運転停止によって生じる貿易赤字は、国富の流失や喪失というべきでなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富である」という文言は輝いて見える。

小泉純一郎元首相は、今回の地裁判決を常識的判決と受け止め、細川さんが都知事選に立候補したことで、差し止め判決を出しても左翼の裁判官を云われなくなったことが大きいのではないかと述べている。原子力問題には左翼も右翼もないとは思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

国際社会はベトナムを見殺しにするな!

中国共産党独裁政権によるベトナム領土侵略に対して、ベトナムで反中デモが活発化している。これを受けて中国がベトナムとの交流計画を当面停止、更にベトナムへの渡航自粛も即日実施すると発表した。

このような中国によるベトナムへの経済制裁が進めば、ベトナム経済は大きな打撃を受けるだろう。世界の自由にものが云える国々の人々や国家は、ベトナムを助けるべく行動を起こさなければならない。 アメリカなども、自国の経済を重視するあまり(アメリカ経済は多大に中国の恩恵を受けている)、自由人権を守ると口ではいいながら何もしていない。この際、中国の侵略行為に対して毅然たる態度を示すべきである。

それにしても不可解なのは、中国共産党独裁政権下では、中国がベトナムを侵略したのではなく、ベトナムが中国を侵略したと云っていることだ。 中国では、日本が過去に侵略行為をしたことを国民に教育の一環として教えている。日本が中国を侵略したことは事実であり残念なことであるが、中国そのものは、他国を侵略した歴史がないと、国民に教えているらしい。とんでもないことだ。中国の歴史は、他国を蹂躙し、侵略し、領土を拡張する歴史そのものであったのに(特に清朝においてその頂点に達した)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

立憲主義を大切に!

最近の中国共産党独裁政権による弱いもの(小国)いじめはとどまるところを知らない。以前からのチベット自治区、新疆ウイグル自治区での自由抑圧に続いて、最近、ヴェトナム、フィリピンの領海を自分の領土だと言い張って、我が物顔に侵略している。

この中国の大国意識、隣国を見下す態度は、中国歴代の唐や明、元、清王朝の時代からの民族的な性向であり、現在の中国共産党独裁政権に変わっても何ら変わっていない。若しも中国国民党の孫文や初期共産党政権の毛沢東・周恩来時代のようにある程度民衆の立場に立った政権であればこんな事態が起こっていないかも知れない。

とにかく今の中国政権は、傲慢で倫理観が欠如した、共産党と云う名前を借りた、富裕層特権階級が民衆の自由を抑圧し、実権を握っている国であるのでどうしようもない。

ヴェトナムは、我が日本も鎌倉時代に苦しんだ元寇の侵略に対して勇敢に戦い、これを撃破した歴史を持つ。若しヴェトナムがこの時元寇を撃退してくれていなかったならば、我が国は第3次の元寇侵略を被り、どうなったかわからないとも云われている。ヴェトナムにおける最近の反中国デモも、過去の中国がヴェトナムに行って来た侵略的態度と無縁ではない。 現中国政権が自国さえ良ければ他の国はどうでもよいという態度を続けるならば、いずれは、世界の国々から疎外されてしまうだろう。

======================
残念ながら、このような中国の動きは、我が国における対中国警戒論を加速させるだろう。しかしこのことによって、安部政権が進めようとしている、集団的自衛権の行使を姑息的な憲法解釈によって変えてしまうというようなことを許してはならない。

憲法解釈の変更が時の政権の恣意的は判断によって変えることは絶対にあってはならない。 憲法解釈が善良な政治家によってなされるのであれば問題ないのであるが、極端なことを云えば、戦前のドイツで実権を握ったヒットラーのような例があるのだ。

ヒットラーは選挙に勝って第1党になるや、政権に就くと少数派を弾圧。当時においては最も民主的な憲法と云われたワイマール憲法を、彼の一方的な憲法解釈により変え、独裁政治を行ない戦争に突き進んだことは皆さまもご存じの通りである。

戦争の犠牲になるのは、まず戦場に赴く若い人たちである。若い方が安易に武力容認に傾かないことを望みたい。 従って安部政権も集団的自衛権の行使を決定したいのであれば、姑息的な憲法解釈によって変えるのでなく、堂々と国民に憲法改正の是非を問うことにより行うべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

葛城の地でボタンの花を賞美する

昨日5月2日、家内と奈良県南部の葛城地域にある当麻寺(たいまでら)と石光寺(せっこうじ)へボタンの花を見に行って来ました。

前日お寺に電話すると、ボタンの花を見に来られるなら午前中がよろしいですよということだったので、近鉄阿倍野橋から古市経由、二上神社口駅で下車し、10時過ぎに石光寺に到着。ボタンはかなり以前に長谷寺で見たことがありましたが、ここもそれに劣らず見事なボタンが沢山(約4,000本と云われています)咲き誇っていて、大変感動しました。予想以上に良...かったです。

実は今年の3月頃、大津皇子のお墓を見るために二上山に友人と登った時に、當麻寺にもボタンがあるが石光寺のボタンは凄いと聞いていたものですから、ボタンが咲くこの季節を待ちわびての訪問です。

石光寺は中将姫ゆかりの寺で、中将姫が曼荼羅を織る時に、蓮糸を染めたという「染の井」がありました。その後、左甚五郎の作と伝えられる傘堂を見た後、當麻寺へ。当麻寺では、中将姫が織ったという綴織當麻曼荼羅図を見ました。話に聴いていた4M四方の大きな曼荼羅図を見て、その素晴らしさにまた感激。當麻寺では毎年5月14日に1000年の歴史をもつ当麻寺二十五菩薩来迎会が行われるそうです。

当麻寺から見る二条山の眺めは素晴らしいものでした。3月に来た時に見た、雄岳の頂上にひっそりと佇む悲劇の主人公・大津皇子の墓が思い出されました。
帰りは当麻寺駅まで歩いて帰途につきました。天候に恵まれ大変良い一日でした。


Img_1334_2

Img_1339

Img_4523

Img_4542

Img_4583

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »