« NHKスペシャル「緊急ルポ貧困連鎖社会」<女性たちの貧困~新たな連鎖の衝撃~>を見て | トップページ | 立憲主義を大切に! »

2014年5月 4日 (日)

葛城の地でボタンの花を賞美する

昨日5月2日、家内と奈良県南部の葛城地域にある当麻寺(たいまでら)と石光寺(せっこうじ)へボタンの花を見に行って来ました。

前日お寺に電話すると、ボタンの花を見に来られるなら午前中がよろしいですよということだったので、近鉄阿倍野橋から古市経由、二上神社口駅で下車し、10時過ぎに石光寺に到着。ボタンはかなり以前に長谷寺で見たことがありましたが、ここもそれに劣らず見事なボタンが沢山(約4,000本と云われています)咲き誇っていて、大変感動しました。予想以上に良...かったです。

実は今年の3月頃、大津皇子のお墓を見るために二上山に友人と登った時に、當麻寺にもボタンがあるが石光寺のボタンは凄いと聞いていたものですから、ボタンが咲くこの季節を待ちわびての訪問です。

石光寺は中将姫ゆかりの寺で、中将姫が曼荼羅を織る時に、蓮糸を染めたという「染の井」がありました。その後、左甚五郎の作と伝えられる傘堂を見た後、當麻寺へ。当麻寺では、中将姫が織ったという綴織當麻曼荼羅図を見ました。話に聴いていた4M四方の大きな曼荼羅図を見て、その素晴らしさにまた感激。當麻寺では毎年5月14日に1000年の歴史をもつ当麻寺二十五菩薩来迎会が行われるそうです。

当麻寺から見る二条山の眺めは素晴らしいものでした。3月に来た時に見た、雄岳の頂上にひっそりと佇む悲劇の主人公・大津皇子の墓が思い出されました。
帰りは当麻寺駅まで歩いて帰途につきました。天候に恵まれ大変良い一日でした。


Img_1334_2

Img_1339

Img_4523

Img_4542

Img_4583

|

« NHKスペシャル「緊急ルポ貧困連鎖社会」<女性たちの貧困~新たな連鎖の衝撃~>を見て | トップページ | 立憲主義を大切に! »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/59579711

この記事へのトラックバック一覧です: 葛城の地でボタンの花を賞美する:

« NHKスペシャル「緊急ルポ貧困連鎖社会」<女性たちの貧困~新たな連鎖の衝撃~>を見て | トップページ | 立憲主義を大切に! »