« 立憲主義を守ろう! | トップページ | ホストファミリーと留学生との交流の集い »

2014年6月 4日 (水)

中国はどこへ

今日は6月4日です。25年前の1989年6月4日、中国で天安門事件が起こり、民主化を求める学生を主体とした一般市民のデモが、中国共産党の長老派・保守派により武力弾圧され、多くの若い命が奪われました。
当時ソ連邦においては、ゴルバチョフ氏がペレストロイカを表明し、同国の民主化を進め、ソ連の共産党独裁政権が崩壊した時期に重なります。

中国においても、同時期の1986年、共産党の総書記に就任した胡耀邦氏は、「百花斉方・百家争鳴」を唱え民主化を進めましたが、鄧小平氏らの保守派の抵抗...に遭い1987年に失脚。後任者には、やはり改革派の趙紫陽氏が就任しました。

しかし1989年に胡耀邦氏が死去したのを契機として、民主化を求める学生デモ運動が激化。学生デモ隊に同情的な発言をした趙紫陽氏も失脚。天安門広場に集結した学生を中心とした一般市民デモ隊に対し、鄧小平を中心とする長老派の指示により、本来民衆を守るはずの中華人民解放軍が武力弾圧を行使し、民主化運動は鎮圧されました。ソ連の崩壊の様には行きませんでした。
===================== 
ソ連において共産党の独裁政権が崩壊する契機となったのは、政権内部にいた良心的・人間的なゴルバチョフ氏がいたからです。中国の場合も、胡耀邦氏、趙紫陽氏という良心的な人物がいましたが、もう少しのところで力及ばず独裁体制の崩壊に至りませんでした。

胡耀邦氏は1980年、チベット視察に訪れた時、チベットの惨憺たる有様を見て、涙を流したと云われ、チベット政策の誤りを認め謝罪し、直ちに政治犯を釈放したと云われています(胡耀邦失脚後チベット弾圧は復活)。中国共産党と云っても、内部には胡耀邦氏、趙紫陽氏のように人間的な立派な人がいるのです。両氏による改革が成功していれば、世界はもっと平和になっていたでしよう。

ゴルバチョフ氏や胡耀邦氏、趙紫陽氏の様な人の再来を願うものです。

写真は、戦車の侵入を阻止しようといて立ちはだかる若者です。彼の名はわかりません。どこへ連れ去られたかもわかりません。


Tianasquare_2


|

« 立憲主義を守ろう! | トップページ | ホストファミリーと留学生との交流の集い »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/59757239

この記事へのトラックバック一覧です: 中国はどこへ:

« 立憲主義を守ろう! | トップページ | ホストファミリーと留学生との交流の集い »