« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月10日 (月)

京都・錦市場

京都へ行った時、よく立ち寄るのが錦市場だ。昨日も烏丸にある仏教大学四条センターで講演を聴いた後、帰途四条河原町駅まで、錦市場を通り抜け、市場の雰囲気を楽しんだ。

狭い通りはいつ訪れても人並みが絶えない。広くもなく、狭いといえる程でもない適当な道幅の両側に、日本独特の食材を売る店が軒を連ねている景観は、賑やかで活気に満ち、見るだけでもやすらぎを感じ、ほっとした気分に浸ることができる。私の大好きな空間である。最近、外国からの観光客も多いが、昨日も「天ぷら」や「だしまき」などを買い求め、食べながら歩いて、京都の旅を楽しんでいるカップルの姿を多く見かけた。

ところで、昨日の佛教大学での講義は、元柿衛文庫学芸員・瀬川照子さんの講演で、「芭蕉の『奥の細道』を読む」だった。芭蕉という人が、鋭い観察眼をもって、自然や歴史を見つめている姿には毎回の講義で驚かされる。

P1090532

P1030872

Img_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間社会の進歩を妨げる法案

なぜ人間社会の進歩を妨げるような法案が次々と出てくるのでしようか。カジノ解禁法案、労働者派遣法改正案、などなど。

観光客の増加を通じて経済成長の一翼を担うという目的で導入が目論まれているカジノ解禁法案は、日本文化を破壊し、ギャンブル依存症など、青少年に悪影響を与えるものです。これは姑息的な方法で経済成長を図ろうとする低次元の考えではないでしようか。

また、派遣就労への固定化を促し、生涯派遣の労働者を増やすおそれのある労働者派遣法改正案は、労働者ではなく経営者の論理に立ったもので、弱者切捨ての法案ではないでしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箕面滝道アンテナショップ・箕瀧案―中学生の職業体験実習

箕面滝道アンテナショップ・箕瀧案では、毎年、中学生を職業体験学習のため受け入れていますが、今年も11月6日、7日の両日、箕面市立第六中学校2年生の生徒3名を迎えました。

彼ら三人には昨年に引き続いて、東北震災支援商品を販売して頂きました。商品については、東北地方の商工会議所や物産協会にご協力頂きました。

彼らには販売コナーの設置、商品の配列、POPの作成など、全て彼ら自身で工夫してやって頂きました。彼らのチームワークのとれた、元気溌剌たる売子振りは沢山のお客さんを集め、商品の売れ行きは好調で、売り切れた商品もあった程でした。 彼らに感謝です!! 

最後の方の写真は、同日、読売テレビの情報番組、関西情報ネットTen が『ゆずるコロッケ』の取材に来て頂いた時のものです。中学生の方も、このような取材の現場を見るのは初めてだということで、喜んでいました。

Img_4860

Img_4857

Img_4850

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »