« 空しい気持ちのみが残った衆議院選挙 | トップページ | 黒田官兵衛の総集編を観て »

2014年12月30日 (火)

お寺の掲示板にあった歌

自宅の近所の散歩する道沿いに、幾つかの小さな仏教寺院がありますが、今日その中のひとつのお寺の掲示板に次のような歌が記されていました。

「降る雪と 人の心に 降る欲は
         積もるにつれて 道を忘れる」

いい歌だなあ、と思いました。帰宅後すぐにノートに書きとめました。
雪と人間の欲を並べてうまく表現しています。“道を忘れる”というところが実にいいです。人間、お金があり過ぎると身を亡ぼしますね。世の中の事件は全てこれで言い尽くせますよね。
散歩の度に、次はどんな歌が記されているのだろうと、楽しみにしながら歩いています。

|

« 空しい気持ちのみが残った衆議院選挙 | トップページ | 黒田官兵衛の総集編を観て »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/60893149

この記事へのトラックバック一覧です: お寺の掲示板にあった歌:

« 空しい気持ちのみが残った衆議院選挙 | トップページ | 黒田官兵衛の総集編を観て »