« 短歌(心斎橋にて) | トップページ | 悲しきや 少年の死 »

2015年2月25日 (水)

釜山・箕面にある韓国料理店へ

先日、2月22日、我が家でお世話しているタイ国からの留学生・ブーム君(愛称)と家内の三人で、地元箕面にある韓国料理店「釜山」で韓国料理を楽しみました。彼が韓国料理を食べたことがなく、是非ともということで、釜山を選びました。

「釜山」は3年半程前に、箕面に開店したお店で、我が家のお気に入りの店です。店主は、朴徳恵さん。朴さんは、歌手のキム・ヨンジャさんの様な雰囲気を漂わせた、親しみを感じる方です。彼女は大阪の十三で10年間、韓国料理店を構えていましたが、3年程前に箕面に移って来られた。十三におられた当時、水野真紀さんが「魔法のレストラン」という番組をやっておられた時、「今いくよ・くるよ」さんと共に来店された時の写真が店内に飾られていました。

メニューは豊富です。ビビンバ、チヂミ、プルコギ、サムゲタン、カルビン、スンドウチゲ、カムジャタン、春雨炒め、等があり、日本人向けの味付けにも気を配ってもらえます。今回は、ビビンバとチジミなどを頂きました。ブーム君も、大変美味しいと、満足してくれた模様です。

この後、大阪大学会館で行われた、ワンコイン市民コンサートへ。永ノ尾文江さんと鈴木華重子さんの御両人によるベートヴェン・ヴァイオリンソナタの演奏を楽しみました。最後の第9番イ長調「クロイツエル」の演奏では、力強い演奏に加えて、繊細で絶妙な鍵盤さばき、弦さばきに魅せられました。

*韓国料理「釜山」の情報です。
562-0001 箕面市箕面6-1-34  Tel072-721-8575

Img_4955_new

Img_4958

Img_4960

Img_20150225_0001


 

|

« 短歌(心斎橋にて) | トップページ | 悲しきや 少年の死 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/61194610

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山・箕面にある韓国料理店へ:

« 短歌(心斎橋にて) | トップページ | 悲しきや 少年の死 »