« 悲しきや 少年の死 | トップページ | 日本はこのままでいいのだろうか? »

2015年3月17日 (火)

NHKの中立性について

権力者には、好ましからぬ政治を行なう者もおれば、逆に人々のために良き政治を行なう者もいます。すなわち、権力者だからといって問題のある人物であるとは限りません。

しかし、これらの権力者によって擁立されたり、擁護されたりする人は自分自身の言動に十分注意を振り向ける必要があります。

大阪府教育長が、パワーハラスメント問題の責任をとって辞任しました。配下の教育委員に罷免要求をちらつかせたりするなどの非常識な行動を繰り返した挙句の辞任で、当然の結果です。...
一方また、公正という見地から問題のある発言を繰り返し、幾度かの忠告や勧告を受けながら、NHK会長のポストになお居座っている人もいます。NHK会長はある意味で我が国の広告塔でもあります。このような知性に欠けた非常識的な人物がこのポストに就いていることは我が国にとっては悲しい現実です。

|

« 悲しきや 少年の死 | トップページ | 日本はこのままでいいのだろうか? »

1.経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/61294370

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの中立性について:

« 悲しきや 少年の死 | トップページ | 日本はこのままでいいのだろうか? »