« 初夏の箕面山ハイキング | トップページ | 奥田祥子さん「男性漂流~男たちは何におびえているか~」 »

2015年6月 7日 (日)

<リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(3)>

4月22日に<旧吉田茂邸で出逢った、リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人>という記事で、鈴木康吉さんのことを紹介しましたが、5月19日この記事を見られた鈴木さんの中学生時代の友人である「Kさん」という女性の方からメールを頂きました。今後、「Kさん」から適宜、鈴木さんの現況につき、報告を頂き、投稿することにします。

今回は3回目のレポートです。

====================

鈴木さんの行程は次の通りです。
3/22
、愛知県碧南市出発⇒4/22、神奈川県大磯
5/19、宮城県・気仙沼市 5/22、大船渡、三陸町
5/27、八戸⇒6/2、六ヶ所村⇒6/6、尻屋崎灯台
6/7、大間から函館へ

以下は「Kさん」が電話で、鈴木さんから得た旅の報告です。

それでは、鈴木さんの更なる旅の、安全、成功をお祈りしたいと思います。
 
前回の記事は⇒http://yagikeieioffice.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-af43.html

===========================

★陸前高田の奇跡の一本松を遠くから仰ぎ、大船渡、三陸町に入ったのが5月22日。ふるさと三陸道の駅で盛岡からの釣り客と合流の飲み会。出された笹かまぼこの美味しさが忘れられない。その方々が口々に言うには「下北には人は居らんぞ。居るのは猿ばかりだ」

道中頻りに「トッキョキョカキョク」と鳴くホトトギスが旅の友。朝起きる時は「ハヨオキロ」と聞こえる。

 
★5月27日陸中海岸の遊覧、普代村黒崎で伊能忠敬の碑「北緯40度 シンボル塔」と出会い、感激。その頃からリヤカーのパンクが気になり始めたが、修理するための水と容器がなく、八戸のホテルまでなんとか、、、と思ってるある朝、たまたまウオーキング中のご親切な人から自宅へ来いと言われ、朝ご飯までごちそうになる。その後ご近所さまとの交流あり。

★5月31日青森県突入。下北の話が頭にあったわけでもないけど、20年来愛用の杖をどこかへ置き忘れた。

 

★6月2日、民宿を請うたご主人にえらく気に入られ、六ヶ所村近くの沼で漁師体験、仕掛けの作業中「お前さんは飲み込みが早い」と褒められた。猿はいないけどすごいご仁が居なさった。


 
★6月6日下北半島最東の尻屋崎灯台から226号を大間への途中、下風呂温泉で野宿。明日はいよいよ大間から函館へフェリーで渡ります。

★予期せぬ出来事の連続で、定期連絡が待ち遠しい毎日を過ごしています。

北海道は2ヶ月の予定でまた大間へ戻ってきます。
 
=====================
 
現在の本人とリヤカーの写真がないので、残念ながら添付出来ません。10㌔ ほど引き締まったと言っております。元気で夢の実現に向けて進んでいます。

応援本当にありがとうございます。(U・K)

Img_20150607_0001_0001


|

« 初夏の箕面山ハイキング | トップページ | 奥田祥子さん「男性漂流~男たちは何におびえているか~」 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

すーさん(私はこう呼ばさせて頂いております)

すでに本州含め3回お会いしており、大間港で初めてお話しさせて頂きました。

失礼な表現で恐縮ですが、すーさんはスマホになれてなく、お知り合いからのメールも未開封なのがたくさんありました。
函館に向かう船中で、いろいろスマホ操作を教えさせていただきましたが、そこそこ使いこなすには時間が掛かりそうです。

すーさんは6月20日時点で室蘭におり、今朝も電話で元気な声で会話しております。

スマホが上手に使えてないので、情報が更新できるまで時間はかかると思いますが、すーさんの関係者が心配しないように日記代わりにすーさんのブログを船中で開設しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/pcd2432agehe

追伸
私も旅人で暫く北海道におります。
すーさんは反時計周り、私は時計周りでバイクで移動してますので、何か問題があればすぐに駆けつけると約束しております。

投稿: pupu | 2015年6月20日 (土) 08時13分

コメントありがとうございます。
これからも鈴木さんと旅の仲間として連絡を取り合って、頑張って欲しいものです。

投稿: やぎ | 2015年6月21日 (日) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/61706835

この記事へのトラックバック一覧です: <リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(3)>:

« 初夏の箕面山ハイキング | トップページ | 奥田祥子さん「男性漂流~男たちは何におびえているか~」 »