« 国家主義の台頭を防ぎましよう! | トップページ | エイトワン・異色の若者経営者・大藪崇さん  »

2015年6月27日 (土)

リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(4)

前回に続き、鈴木さんの中学生時代の友人である女性「Kさん」からの4回目の報告を下記に記します。

鈴木さんの更なる旅の、安全、成功をお祈りします。

 前回の記事は⇒ここをクリック

====================

6月7日(下風呂温泉~大間港)

 早めにテントを畳み、意気揚々と大間港14時のフェリーを目指す。今夜は函館と思うだけで心は躍る。足取り軽く12時には大間港に着く。そこで「まさか」が待っていた。なんと11日まで法定検査のため欠航。知った途端一気にがっかりが全身を覆う。さあて、これからどうしようか。友達に電話しいろいろ案をもらう。南下して仏が浦へ行くか、温泉巡りをするか、悩んだ揚句出した結論。うろうろしない。「ローマの休日」ならぬ「おーまの休日」となる。

==============

6月11日(大間~白石公園キャンプ場)

 ♪はるばる来たぜ函館へ♪と、歌い上げるほどの熱情は大間の三日間でクールダウン。大間フェリー乗り場で知り合ったIさんに超不得意のスマホの講義と特訓を受ける。丁寧に、優しく、忍耐強く、教えてくれる熱意に反して、悲しいかな、理解度が今一なのが申し訳ない。台湾の沈さんは逆のルートで出発。その日は白石公園オートキャンプ場泊。

==============

6月17日(長万部~洞爺湖駅)

 長万部から噴火湾越しに幾重にも重なる山並みが見えた。静狩峠を越えたあたりで、「こっこっこっこっ」リズミカルに木々に共鳴するような音。ふと見上げるとアカゲラのドラミング。初めて聞く音だった。

 豊浦町噴火湾公園、伊能忠敬測量200年記念碑を訪ねる。

==============

6月19日(黄金駅~室蘭)

 室蘭市本輪西にある「伊能橋」へ。名古屋からグーグルを観ながら、ケイタイで「囲い込み」、、大きなストアがあり、その道を北上する。道南バス停「伊能橋」、、あったぁ、ありました。

 風もなく歩きやすい苫小牧への道。ゴム草履は二代目となる。靴はお釈迦になり始めてる。

===============

6月22日(苫小牧~鵡川)

 シシャモで有名は鵡川辺りまで、一日中誰にも会わず。唯一つ、キタキツネが道を横切り、ふと立ち止まり、こちらをじっと見て、そのまま太いしっぽをふり、山へ行ってしまった。

===============

6月23日(鵡川~節婦)

 沙流川を渡ると「馬」の看板。見えるのは牧場、どこまでも緑の牧場。さすが日高だ。これまでは「鹿」に注意が「きつね」に注意 に変わった。雨まじりの向かい風のなか、節婦駅近くですれ違った背の高い田中君。後で知った事だけど、彼が100名山を踏破し、今、一筆書き200名山(宗谷岬から鹿児島の佐多岬)に挑戦している田中陽希さんだった。彼は康吉君の事を最初は魚屋さんかな? と思ったらしいけど、すれ違い様に「歩いて日本一回り」の看板を見て足を止め、しばし歓談。(詳細は、下記、田中陽希さんのブロ

グ6月23日リヤカーおじさん参照)北海道で初めて歩く旅人と出会ったと記されている。康吉君はこれでまぎれもない「旅人」に認定されたと私は深く確信した。

======================

田中陽希さんのブログ⇒ここをクリック

 

写真:
 上:鈴木さん 下:田中陽希さん

Photo

Dsc_0198


 

|

« 国家主義の台頭を防ぎましよう! | トップページ | エイトワン・異色の若者経営者・大藪崇さん  »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/61802373

この記事へのトラックバック一覧です: リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(4):

« 国家主義の台頭を防ぎましよう! | トップページ | エイトワン・異色の若者経営者・大藪崇さん  »