« 蘆山寺 | トップページ | アベ政治を許さない ! »

2015年7月17日 (金)

又吉直樹さん芥川賞/国家による人文系学問への干渉

<又吉直樹さんが、小説『火花』で『第153回芥川賞』> お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんが、小説『火花』で『第153回芥川賞』に選出されました。会見場にはいつもの3倍もの報道陣が詰め寄せたと報道され、関心の深さを物語っています。

又吉さんは大変ご苦労された方です。異色の作家です。苦労した人生を通じて蓄積された豊かな人生経験と更にそれに加えての豊かな読書量。 これからも輝き続けて欲しいと思います。
========================
ところで、文学は、人間にとって不可欠なものです。自分の人生経験を補ってくれる糧になるものであると思います。様々な人々の価値観の存在を知り、情緒に触れ、他人を理解できる心も芽生えてくるのだと思います。

=========================
先日、安部政権は、国立大の人文系学部を見直し、もっと実用的な理系学部を充実するよう学長あてに要望しました。とんでもない国家主義的な圧力です。

私もどちらかと言えば理系の出身です。私は文系とか理系とかに分けることに嫌悪を感じる者です。文学、哲学、歴史、文化等々は人間の成長にとって不可欠なものだと思います。 効率化、経済性も必要ですが、その根底には人文系の学問が不可欠です。他人を思い遣り、国家を誤った方向に導く人材を輩出させないためにも、人文系の学問を守ることは必要です。

001l


|

« 蘆山寺 | トップページ | アベ政治を許さない ! »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/61900282

この記事へのトラックバック一覧です: 又吉直樹さん芥川賞/国家による人文系学問への干渉:

« 蘆山寺 | トップページ | アベ政治を許さない ! »