« リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(8) | トップページ | 9月連休の箕面滝道の賑わい »

2015年9月29日 (火)

司馬遼太郎氏が語った徴兵の思い出

司馬遼太郎氏は、満州へ派遣されたという徴兵の経験がありますが、その著『この国のかたち』の中で、次のように述べています。
====================
私の学生時代、学生への徴兵猶予の恩典が停止され、いわゆる”学徒出陣”でもって、にわかに軍人になった。 私にも人生の設計があった。しかしそれらは一挙に雲散霧消した。本来人間は自由に選択しつつ自分の一生を送りうると思い込んでいたのだが、国家が自分の人生をさらってしまった。誰が国家にそんな機能を付与したのだろうと思った時、憲法に徴兵の義務がある、ということを、今更のように気づいた。
====================
先日、『この国のかたち』を読んでいて、改めて徴兵制について考えさせられました。

|

« リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(8) | トップページ | 9月連休の箕面滝道の賑わい »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/62379489

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎氏が語った徴兵の思い出:

« リヤカーを引き徒歩で日本一周の旅人・鈴木康吉さん、その後の現況(8) | トップページ | 9月連休の箕面滝道の賑わい »