« 第13回大和路 まほろば 2dayウォークに参加 | トップページ | 萱野三平邸を訪ねて、12月14日 »

2015年12月 6日 (日)

原節子さん、水木しげるさん のこと

戦後間もない混乱の時代を活躍され、多くの人に忘れざる思い出を遺した二人の方が世を去った。女優の原節子さん、漫画家の水木しげるさん。それぞれ享年95歳と93歳。

私にとって原節子さんの思い出は、小津監督の「東京物語」。戦後、家族の崩壊によりその絆が壊れ始めた時代、古風な女性を演じ、古き良き時代への郷愁を感じさせてくれた。そして42歳の若さで突如引退し、公式の場には一切現れず、神秘的なイメージを生んだ。

水木しげるさん。「ゲゲゲの鬼太郎」など妖怪などで知られるが、「総員玉砕せよ!」「水木しげるのラバウル戦記」など、戦争を告発する作品も残した。戦争に関する作品では、戦争で死んでいった仲間への哀惜の念や自らの戦争体験を描いた。戦争を体験し、戦争を物語る人がまた一人去ったという感じだ。...

今の世の中には、ある政治家に代表されるように、戦争のことは忘れて前に進むべきだという政治家がいる。しかしこのような考えは人間社会を良き方向に導かないと私は思う。戦争というものを二度と起こらないようにすることが大切である。そのためには、戦争というものがあったという事実を覆い隠さず、反省と総括を行い、それを若い世代にも伝えていくことが必要である。人間というものは元来、善良な生き物であるが、何かの事情で社会が混沌とした時、不完全な弱い生き物となり、正しくない流れに逆らえず、権力に追従する虞がある。そのようなことがないためにも過去の清算はしっかりとやらなければならない。

F0107398_1755988


Img20100912032829491

|

« 第13回大和路 まほろば 2dayウォークに参加 | トップページ | 萱野三平邸を訪ねて、12月14日 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/62818596

この記事へのトラックバック一覧です: 原節子さん、水木しげるさん のこと:

« 第13回大和路 まほろば 2dayウォークに参加 | トップページ | 萱野三平邸を訪ねて、12月14日 »