« 天皇、皇后両陛下のフィリピン訪問に思う | トップページ | 春の兆し »

2016年2月 7日 (日)

箕面・帝釈寺の節分会

恒例の箕面市・帝釈寺における節分会、福護摩祭が今年も行われました。この催しは、毎年2月2日、行われますが少し珍しいものです。今年は都合で行けませんでしたが、その様子は写真の通りです(以前撮影した写真)。

帝釈寺の節分会の何が珍しいかというと、山伏(行者)による『福護摩祭』という見慣れない行事が行われるからです。この祭りは、境内に護摩壇を設け、護摩木を焚いて(焚火を神聖化した様なもの)、その年の多幸と安全を祈念し、また諸願成就や厄年にあたる者の厄難を祓い、不祥を消し去る力を授与するというものです。火が燃える様子を見ていると非常に神秘的な世界に誘い込まれます。

そして、火が燃え終わった後に、『火渡り修行』といって、余熱が残っている灰の上を素足で渡るという行事が行われます。護摩壇は、寺有林にある、護摩の薪と桧の葉を集めて来て作られます。 日本人は外国人からは無宗教であると言われていますが、決してそんなことはありません。非常に宗教心溢れる国民であると私は思います。

Img_2326


Img_2342


|

« 天皇、皇后両陛下のフィリピン訪問に思う | トップページ | 春の兆し »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/63177781

この記事へのトラックバック一覧です: 箕面・帝釈寺の節分会:

« 天皇、皇后両陛下のフィリピン訪問に思う | トップページ | 春の兆し »