« 中庸を堅持し国家主義の台頭を防ぎましよう! | トップページ | 日本でも女性トップの出現に期待感 »

2016年9月28日 (水)

二葉百合子さん 岸壁の母

<二葉百合子さん 岸壁の母>
  子供の頃、ラジオから聞こえてくるこの歌をよく聞いたものです。
  「母は来ました 今日も来た/この岸壁に 今日も来た/
   とどかぬ願いと知りながら/
もしやもしやに もしやもしやに/ひかされて」

そうです。この歌は数年前引退された二葉百合子さん(85歳)が歌っておられたものです。彼女を先日ある番組で、関口宏さんとの対談でお見受けしました。その時もまだ若々しい美しい声でこの歌を披露してくれました。とにかく私にとっては子供の頃の懐かしい歌です。

この歌には、セリフが付いています。「又引揚げ船が帰って来たのに、今度もあの子は帰らない・・・・」という。このことから窺えるように、この歌は実話に基づいた歌なのです。
“端野いせ”さん という方がソ連からの引揚げ船に自分の息子が乗って帰って来ないかと待ちわびておられる歌なのです。戦争の悲劇を感じさせてくれます。数年前、舞鶴の引揚記念館を訪れた時、このことを再認識しました。
==================================
二葉百合子さんは、浪曲師であった父の指導を受け3歳の時からデビュー。演歌歌手に転じてからは浪曲で鍛えた深みのある美声で一世を風靡しました。レコード大賞にも輝いておられます。彼女を慕って弟子となった歌手に、坂本冬実さん、藤あやこさん、石川さゆりさん、原田悠里さん等、そうそうたる人たちがいます。いずれも私の好きな歌手です。
74300_201003150363087001268631316c


0131


Cx4ytwdvaaabjnf

|

« 中庸を堅持し国家主義の台頭を防ぎましよう! | トップページ | 日本でも女性トップの出現に期待感 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/64270396

この記事へのトラックバック一覧です: 二葉百合子さん 岸壁の母:

« 中庸を堅持し国家主義の台頭を防ぎましよう! | トップページ | 日本でも女性トップの出現に期待感 »