« 嘘の発言に麻痺してしまう危険性 | トップページ | 六道珍皇寺 »

2017年5月29日 (月)

京都・葵祭

今年も京都三大祭の一つ「葵祭」へ行って来ました。葵祭の中で最も知られていて華やかな行列「路頭の儀」を観るためです(5月15日)。葵祭は、世界遺産である下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、今から1400年前欽明天皇の頃、長く続く凶作を鎮めるための祭りとして始まり、その後盛衰を経て、元禄7年に再興されたそうです。行例に参加する人、御所車、牛馬など、全てが葵の葉で飾られることからこの祭りの名があるそうです。
  ========================
今回は、スイスからの留学生、S・Rさんと一緒です。彼は今年の春、日本歴史や文化を学ぶために来日しました。既に日本に関する知識も相当持ち合わせています。丁度この時期、葵祭があるので、日本を知ってもらう絶好の機会として、家内と一緒に案内しました。

葵祭の行列が京都御所を10時半に出発するというので、10時15分頃に現地に着きましたが、もう既に沢山の人波。外国人の姿が目立ちました。葵祭のような文化があるからこそ外国の方が沢山、我が国に来てくれるのだとつくづく思います。

ところで、行列は平安装束を着た約500人が新緑の都大路を練り歩きます。行列は1kmにも及び、下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向います。行列の最後を飾る牛車が、紫の藤の花房を垂れ下げ、車輪を軋ませながら進む姿はことのほか優雅に感じられました。

行列を観終わった後、寺町通りを経て錦市場へ。そこの寿司屋さんで食事後、二条城へ向いました。二条城でも修学旅行の学生や外国人観光客で溢れていました。一年前来た時よりも、二条城の各部屋の説明が日本語も英語も充実し、分かり易く説明されていました。
2


3


4


6

|

« 嘘の発言に麻痺してしまう危険性 | トップページ | 六道珍皇寺 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/65342817

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・葵祭:

« 嘘の発言に麻痺してしまう危険性 | トップページ | 六道珍皇寺 »