« 世の中、“風雲急を告げる”というような雰囲気になって来ました | トップページ | 箕面祭(Minoh festival) »

2017年7月24日 (月)

マザーテレサのような女性お二人

次のようなマザーテレサのような方を見ると頭が下がります。尊敬の念を感じます。偶然にもお二方とも同じ名前の"優子"さん。名は体(たい)を表しているのでしょうか。優しい"優子"さん。最近の我が国の、政権の中枢にいる、欺瞞に満ち、私利私欲に奔走する人たちと比較すると、一層その感を強くします。

下崎 優子さん(50):南スーダンの修道院で避難民のために働くシスター
================...
2012年、所属する「イエスのカリタス修道女会」に打診され、南スーダンの首都ジュバ郊外の修道院に赴任した。自衛隊が派遣されたのと同時期であった。

空港で偶然会った自衛隊員の人が「同じ日本人だから」と毎週修道院にボランティアに来てくれ、「何度も勇気づけられた」という。任期はない。自衛隊は帰ったけれど、「自分が居るべき場所は日本ではなく南スーダン」、そう自分に言い聞かせていると言う。
――――――――――――――――――――――
白川優子さん(43)。イラク・モスルで働く、国境なき医師団の日本人看護師
=================
イラク・モスルで、戦闘の巻き添えになった住民の緊急医療支援に奔走されている。手術室でイラク人看護師を指導し、一日10件もの手術に立ち会った。

イラク人は患者も病院スタッフも皆が3年にわたるISの暴力と恐怖政治の被害者だとのこと。白川さんは「イラクの人々が受けた傷は深く、これからが本当の始まりです」と言う。彼女は、数日の帰国を経て、7月下旬にはシリアでの支援に向けて出発する。

(写真は全て朝日新聞関係のデータより借用)

Img_20170721_0004


Img_20170721_0005


Img_20170724_0001


Img_20170724_0002

|

« 世の中、“風雲急を告げる”というような雰囲気になって来ました | トップページ | 箕面祭(Minoh festival) »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/65574754

この記事へのトラックバック一覧です: マザーテレサのような女性お二人:

« 世の中、“風雲急を告げる”というような雰囲気になって来ました | トップページ | 箕面祭(Minoh festival) »