« 箕面祭(Minoh festival) | トップページ | アラブ音楽 »

2017年8月 7日 (月)

日本文化の劣化を懸念する

安倍政権の下、日本文化の劣化が徐々に進んでいるように思えてなりません。その文化を支える道徳感の悪化がこれに拍車をかけているようです。

国家の私物化を感じさせるモリカケ疑惑に対する、欺瞞と嘘と騙しの手口、秘密保護法、共謀法の国家主義的色彩を帯びた法案の強行採決、一億総活躍大臣とか、人づくり革命大臣とかの、人の心に鈍感な感性、などに、そのことが表れています。

最近国会における答弁でよく用いられる“記憶にありません”という言葉は、“嘘”を婉曲的に言い表す“代名詞”になりつつあります。これが若し国語辞典に採用されることがあれば日本の危機と言わざるをえません。(笑)...
========================
各社の世論調査によると、先日の内閣改造によって、内閣支持率が若干持ち直したと伝えられていますが、大局的には横ばいで、内閣不支持率が内閣支持率をかなり上回っています。安部政権には依然として反省の色が見られないので、更に支持率が下がると思っていたのに意外です。

この世論調査を見ると日本人は寛容な民族(あっさりと物事を水に流す)だと思います。内閣の顔ぶれに、若干リベラル派の野田聖子氏や河野太郎氏を入閣させ、誤魔化しを図ったのが利いている様です。このお二人が、国家主義的な安倍政権の下で、政権の延命化に手を貸すようなことがあれば、彼らは良識ある自民党支持者の支持を失うかも知れません。
=======================
巷では次のような川柳が詠まれています。政局をうまく反映しています。

 「頭下げ印象操作する首相」
 「河野野田しょせん二人も自民党」
 「気持ちだけ外様を入れて茶をにごし」

|

« 箕面祭(Minoh festival) | トップページ | アラブ音楽 »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/65631590

この記事へのトラックバック一覧です: 日本文化の劣化を懸念する:

« 箕面祭(Minoh festival) | トップページ | アラブ音楽 »