« アラブ音楽 | トップページ | インパール作戦を観て~侵略戦争の美化を許してはなりません~ »

2017年8月11日 (金)

悲惨な戦争体験が戦争を知らない世代に正しく伝えられることが大切です!!

This is a photo by Joe O’Donnell, who was a photographer going with the army to the front. Such miserable war experiences have to be handed down to the next generation. 

坂井貴美子さん。元従軍カメラマン・故ジョー・オダネルさんの妻が夫の生涯を辿った著書『神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産』を8月9日に出版されたそうです。
ジョー・オダネルさんは2007年8月に亡くなるまで各地で写真展を開き、戦争反対を訴え続けました。この著書には、彼が原爆投下後の長崎で撮影した、亡くなった幼子を背負う、有名な『焼き場に立つ少年』が含まれています。

彼は幼子を火葬にする少年の様子を次のように記しています。「炎を食い入るように見つめる少年の唇に血が滲んでいる。少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤く滲んでいました」
===================
妻でアメリカ在住の坂井貴美子さん(56)は、「人間の存在の原点を、占領者としてではなく同じ人間としてカメラに収めている」と、また、核廃絶へのメッセージとして、「ただ『忘れない』ということが大切と思う」と述べています。
====================
そうです。過去の戦争を、どこかの首相のように、忌々しいといって忘れることを奨励することは断じてなりません。

私も歴史の教訓として永遠に記憶すべきものだと、この写真を見て、改めて感じました。

天皇陛下や皇太子さんも、次のような旨を述べられています。「戦争の記憶が薄れようとしている今日、謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に、悲惨な体験や日本が辿った歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています」

201507190641126bb_2


Img_20170811_0001

|

« アラブ音楽 | トップページ | インパール作戦を観て~侵略戦争の美化を許してはなりません~ »

2.日記・随想・歴史紀行・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209617/65650074

この記事へのトラックバック一覧です: 悲惨な戦争体験が戦争を知らない世代に正しく伝えられることが大切です!!:

« アラブ音楽 | トップページ | インパール作戦を観て~侵略戦争の美化を許してはなりません~ »