« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

民進党リベラル派は奮起して新党設立を!

<民進党リベラル派は奮起して新党設立を!>
安部首相が自ら招いた国難解散のあと、政局は風雲急を告げています。巷では「新聞を三日読まぬと浦島に」「希望より野望ちらつく新党首」「反安保踏絵にされる情けなさ」といった川柳まで詠まれており、混迷を極めています。

前原、小池密談会談の結果として、民進党の希望の党への合流が発表されました。当初、これは、安倍首相という前代未聞の悪徳政治家を退陣させるという一点に絞った奇策として、政治理念が異なる両者が、矛盾を克服するために行うやむを得ない方法だと、一時は思いましたが、今となっては間違った選択だと考えます。
「民進党の全員が受け入れられる」という前原氏の考えは甘かったと言わざるを得ません。小池氏は、民進党全員でなく、憲法観、安保体制観の異なる者を排除すると言い出しました。それは政党としては当たり前のことかもしれません。政治理念が異なる者が、たとえ一時的には共闘しても、いずれは離別することになります。...
=======================
このようになったからには、民進党リベラル派およびその支持者は、原点に帰って、リベラルな政治理念に基づいた新しい党を(必要によっては自由党、社民党を含めて)、直ちにつくって欲しいと思います(もう既にその動きは始まっているようですが、今からでも遅くはありません)。国民主権・立憲主義に基づく憲法観・安保体制見直し・反原発などに対する基本的な態度が一致している人たちを結集して下さい。

残された日程はあまりないですが、民進党リベラル派の皆さんは、党内の保守派を希望の党に追いやり、国民主権、立憲主義に基づく自分たちだけの新しいグループをつくる、良きチャンスとして捉えて下さい。これは常識的な考えをもって政治を行って欲しいと考えている多数の国民への義務だと捉えて下さい。

そして、保守(安部支持)、保守(非安部)、リベラル(非安部、立憲民主主義)が争う構図にして欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

秋を感じて

秋が感じられます。

近くを散歩すると、頭を垂れた稲穂の傍らにひっそりと咲いている彼岸花。

「不思議だなあ」と、いつもこの季節になると忘れずに咲くこの花を見ると思います。地球温暖化が続くと、いずれ、こういう自然の現象がなくなるかも知れないと思ったりします。

...

萩の花も秋を感じさせてくれます。

巷では、解散風が吹いています。
================
拙い和歌を詠んでみました。

蟋蟀とツクツクボウシの合唱に初秋を感ず新稲の里
         (注:新稲は当地にある地名です)

我が国の未来は何処不安が募る人徳なき政治家の下

理由なき疑惑隠しの解散に呆れ戸惑う卑劣さ感じ

21761874_1465887510166096_313179947


21761748_1465888273499353_497657640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

フランス人のエリック・シュバリエさんを取材のため堺へ行ってきました。

今日、堺へ行ってきました。今、本を執筆中ですが、その取材のためです。取材先は、フェイスブックのお友達である、フランス人のエリック・シュバリエさんと日本人の奥さん・麻利子さん。

この本の中に、「日本の細やかで繊細な文化に魅せられた外国人」というような章を設け、その中で、エリックさんにもご登場頂くわけです。

シュバリエさんは、5年前来日し、堺市で鋏鍛冶の見習いを経て、今、通訳や堺刃物、線香製品などについて顧客へのカウンセラーをしながら、堺刃物伝統産業会館で堺伝統産業の広報のような役目も果たされています。

彼とこの度、リアルにお会いして、すっかり日本の生活に慣れ、地域に馴染んでおられるのを見て、頼もしく感じました。学生時代、パリのイナルコ大学・日本学部で、日本の歴史や文化を学ぶ中で、堺市を知って、仁徳天皇陵などがある日本へ是非行って見たい気持ちが芽生えたとのことです。

高校入学後、「YUI」さん  という日本人女性歌手の“feel my soul” という歌を聴いて、その響きと、その中で使われている日本の細やかな言葉に魅せられたのが、日本を好きになった決め手だそうです。
21903465_10214196183478207_39943606

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

箕面市にある居酒屋・鳥貴族店

先日、私が住んでいる箕面市にも「鳥貴族」という居酒屋があるので家内と一緒に訪れ、“焼き鳥”の味を楽しんだ。何故、鳥貴族へ足を運んだのか? それは「ザ・インタビュー」という番組で、元AERA編集長の浜田敬子さんと鳥貴族社長・大倉忠司さんとの対談を拝見して、鳥貴族に好印象を持ち、本当かどうか、この目で確かめたかったからである。
==================
鳥貴族は、大阪が本社で、1986年設立。現在570店舗、従業員8,700名(パート、アルバイトを含む)。社長の大倉氏は25歳の時、東大阪市の商店街に第1号店を開く。その後、幾度かの倒産の危機に遭遇するも、これを克服し、道頓堀での出店を契機に全国的に店舗を拡大した。そして、昨年には、東証第一部上場を果たした。
===================...
鳥貴族のホームページを見ると、次のような同社の企業理念が眼につく。

「『焼鳥で世の中を明るくする』という理念のもと、『280円均一(税抜)の感動』をコンセプトに焼鳥屋・鳥貴族を展開しています。低価格・高価値のサービスで、お客様に感動と驚きを提供し、社会に貢献できる企業であり続けます」

同社の特徴は、国産鶏肉を使用した焼き鳥、食べ物も飲み物も全て280円という安売り、焼き鳥の串打ちは各店舗で行うなどの非効率とも言える “こだわり”だ。

更に特筆すべきは、取締役4人は全員元アルバイト出身。大倉が語ったその理念に共感して入社、苦楽を共にしてきた者たちだ。各店舗の店長は、全員が元アルバイトなど創業時から一緒にやってきた仲間とその関係者だという。これは、大倉が“利益”だけで会社を経営してきた訳ではなく、企業理念に掲げた“お客様に感動と驚きを提供し、社会に貢献できる企業であり続けます”ということを証明しているようだ。
=================
ところで、味のことだが、“安売り”にもかかわらず、極めて美味であった。もう一度行って見たいという気持ちにさせるものがあった。それに店員の方も明るく親切だ。ブラック企業ではなく、極めて優良な企業であることは一目瞭然であった。何故、安売りにもかかわらず、こんなにも美味なのか、については紙面の都合で割愛したい。

写真は、大倉社長と浜田敬子さん
21740417_1459539450800902_164174661


Prg324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

メキシコ文化の夕べ in 箕面

先日、「メキシコ文化の夕べ2017」が、箕面メキシコ友の会主催で、箕面市立メイプルホールにて開催されました。この夕べは今回で25回目だそうです。

箕面市とメキシコの出会いは、かつてメキシコの大学で教鞭をとられていた箕面在住の深原さんという方の紹介で、1992年、箕面でのメキシコ人留学生の日本語研修が始まり、毎年メキシコの大学生が箕面を訪れるようになって、始まったとのことです。

当日は、メキシコ民族音楽マリアッチ演奏、メキシカン マリンバ演奏、メキシカン民族舞踊など、盛り沢山で、楽しく過ごすことができました。

メキシコ音楽やメキシコ舞踊をリアルに観るのは初めてで、陽気な気質のメキシコ文化の一面を知ることができました。メキシコと云えば、かつてトリオ・ロス・パンチョスというトリオがありましたが、「ベサメ・ムーチョ」「ラ・マラゲーニャ」などの歌を思い出させてくれました。

2_3


1_4

3_3

4_3


5


6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和言葉について

<大和言葉>
(English follows Japanese)
“大和言葉”についての本を読んでいて、“たそがれ(黄昏)”という言葉は、「夕刻」を表す“大和言葉”ですが、語源が「あの人は誰?」という意味の「誰(た)そ彼(かれ)は」であるとのこと。

つまり、薄暗くて、向こうから来る人が誰だか分からない、という心象を、昔の人はそのまま時を表す単語にしたのだという。

そして、この言葉のセンスは世界に誇れるものだと思う、と記されていましたが、なるほど、と感心しました。
=================
The term “大和言葉” means a word of Japanese origin. The 'Yamato' (大和 in kanji=Chinese character) itself originally referred to the Nara district, and at the same time, it is an old word indicating the whole of Japan (in this case, the kanji '倭' was used in old times).

たそがれ(黄昏)=twilight, evening, dusk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

ハンナ・アーレント著「全体主義の起源」

今、NHKテレビで、100分de 名著、ハンナ・アーレント著「全体主義の起源」が数回にわたって放送されています。ハンナ・アーレントは、ドイツ出身の女性現代思想家で、ナチスの迫害を逃れてアメリカに亡命した後、“全体主義”の分析を試み、この本を書きました。彼女の名前を知っている方は非常に少ないと思います。私もこういった方面のことに興味を覚えてから知りました。

アーレントは、ナチズムとスターリン主義と云う二つの歴史的現象を“全体主義”と呼びました。現在の世界においても、左右の“国家主義”が、閉塞感漂うこの世界においてある程度の勢いを維持していますが、この国家主義は彼女が言及している全体主義と同じです。
================
最近、アメリカにおけるトランプ大統領出現や西欧における極右国家主義政党の台頭、我が国においても安部政権における国家主義的政策などに、全体主義の例が見られ、この彼女の本を求める人が急増しているそうです。そのような事情もあり、NHKでもこの本を紹介し始めたのでしよう。...
===================
ハンナ・アーレントが忠告していることは次のことに尽きます。

「人々が自分で物事を考えずに、物事を人任せにしてしまうところから全体主義が生まれ、独裁者が登場する」「全体主義を防ぐには、複数の意見があることが大切である」

我が国の現状を鑑みるに、全体主義=国家主義の台頭を防ぐには(あるいはもう既に始まっているかも知れません)、このことをじっくりと考えてみる気持ちにさせられます。
1


2hannah_arendt1


351umamvlsdl_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

新しい著作の執筆

先日の日曜日、3週間振りに裏山に登りました。最近、健康と体力を維持するために、ウォーキングとは別に、3週間に一度、六個山という標高約400Mの裏山に登ることにしています。ゆっくりとマイペースで、自宅から頂上までの上りは約1時間(平地:15分、坂道45分)、下りは約50分で、合計約2時間の行程です。毎回、数人の方に出会います。

日曜日にしているのは、この頃、全国的に熊が出没する話を聞くので、人がいない平日を避けるためです。
いつも行程を終えてシャワーを浴びると蘇った気持ちがします。道中、夏を代表するサルスベリのピンクの花が今なお鮮やかに咲いていました。一方、栗の実も見られ、秋の気配も感じられました。
=======================...
帰宅して一息ついてから、6月末から書き始めた新著の執筆を少しばかりしました。少しずつ書き進めています。来年の6月頃出版の予定です。この本で、「このグローバルな、マネー資本主義の時代においても、地域に基づく小さな活動が必要である ~Small is better & beautiful〜」ということを伝えたいと思っています。

事例として、様々な地域や人を紹介する予定ですが、フェースブック友達からも、日本人の方お一人、外人の方お二人を紹介する予定です。フェースブックをしていたからこそ出逢えた方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友ヶ島

先日、友ヶ島へ行って来ました。一度は行って見たいと思っていたところです。友ヶ島は4つの島からなり、その総称です。無人島で第二次世界大戦までは一般人が近づけなかったらしいですね。小さい島だと思っていましたが意外にもかなり大きい島でした。因みに、この島は、宮崎駿監督によるスタジオジブリ制作の長編アニメ『天空の城ラピュタ』に似ていると話題になった島です。
=================
明治23年(1890年)に、陸軍が紀淡海峡の守りを固めるため島全体に要塞を築き、戦前には600人もが駐屯していたといわれています。島内のあちらこちらには、要塞や砲台跡が残っています。一番の見所は第3砲台跡(写真参照)で赤レンガの建物は当時の姿を彷彿させてくれます。

この友ヶ島の要塞が建設されてから、日清戦争、日露戦争、太平洋戦争と続きましたが、向こう岸の淡路島にある砲台とともに、この友ヶ島の砲台から砲弾が発射されたことは一度もなかったそうです。
なお、この島には蛇が多くいたため、蛇ヶ池や神蛇ヶ池と、蛇の字がつく池があります。そのため孔雀を内地から連れて来ましたが、まだ生存しているとのことです。
1


2


3


5


6_2


7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »