« 秋を感じて | トップページ | <立憲民主党の誕生><憲政の神様・尾崎行雄の歌> »

2017年9月30日 (土)

民進党リベラル派は奮起して新党設立を!

<民進党リベラル派は奮起して新党設立を!>
安部首相が自ら招いた国難解散のあと、政局は風雲急を告げています。巷では「新聞を三日読まぬと浦島に」「希望より野望ちらつく新党首」「反安保踏絵にされる情けなさ」といった川柳まで詠まれており、混迷を極めています。

前原、小池密談会談の結果として、民進党の希望の党への合流が発表されました。当初、これは、安倍首相という前代未聞の悪徳政治家を退陣させるという一点に絞った奇策として、政治理念が異なる両者が、矛盾を克服するために行うやむを得ない方法だと、一時は思いましたが、今となっては間違った選択だと考えます。
「民進党の全員が受け入れられる」という前原氏の考えは甘かったと言わざるを得ません。小池氏は、民進党全員でなく、憲法観、安保体制観の異なる者を排除すると言い出しました。それは政党としては当たり前のことかもしれません。政治理念が異なる者が、たとえ一時的には共闘しても、いずれは離別することになります。...
=======================
このようになったからには、民進党リベラル派およびその支持者は、原点に帰って、リベラルな政治理念に基づいた新しい党を(必要によっては自由党、社民党を含めて)、直ちにつくって欲しいと思います(もう既にその動きは始まっているようですが、今からでも遅くはありません)。国民主権・立憲主義に基づく憲法観・安保体制見直し・反原発などに対する基本的な態度が一致している人たちを結集して下さい。

残された日程はあまりないですが、民進党リベラル派の皆さんは、党内の保守派を希望の党に追いやり、国民主権、立憲主義に基づく自分たちだけの新しいグループをつくる、良きチャンスとして捉えて下さい。これは常識的な考えをもって政治を行って欲しいと考えている多数の国民への義務だと捉えて下さい。

そして、保守(安部支持)、保守(非安部)、リベラル(非安部、立憲民主主義)が争う構図にして欲しいと思います。

|

« 秋を感じて | トップページ | <立憲民主党の誕生><憲政の神様・尾崎行雄の歌> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民進党リベラル派は奮起して新党設立を!:

« 秋を感じて | トップページ | <立憲民主党の誕生><憲政の神様・尾崎行雄の歌> »